かど番の大関貴景勝が今場所初勝利 照ノ富士は危なげなく無敗守る

かど番の大関貴景勝が今場所初勝利 照ノ富士は危なげなく無敗守る

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/09/15
No image

懸賞を手に引き揚げる貴景勝(撮影・開出牧)

「大相撲秋場所・4日目」(15日、両国国技館)

新横綱の照ノ富士(伊勢ケ浜)は北勝富士(八角)に勝ち初日から4連勝とした。

立ち合い前まわしを狙うもつかめず。土俵際から一度土俵中央まで戻されたが、体勢を崩すことはなかった。機を見ての引き落としで相手を土俵にはわせた。

かど番の大関貴景勝(常盤山)は初日からの連敗を3でとめ、初白星をあげた。元横綱・朝青龍のおい、豊昇龍(立浪)が相手。立ち合い当たってから引いたところを押し込まれたが、小手投げなどでしのぎ、突き落としで勝負を決めた。

大関正代(時津風)は隆の勝(常盤山)を突き落として1敗を堅持。両関脇の御嶽海(出羽海)、明生(立浪)も勝利した。

御嶽海に敗れた小結高安(田子ノ浦)は初日から4連敗。平幕では業師の宇良(木瀬)が千代翔馬(九重)に勝ち初白星。無敗は照ノ富士と平幕の千代の国(九重)、妙義龍(境川)、霧馬山(陸奥)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加