試着レポ・ユニクロ、GU、無印良品 「洗濯可能マスク」の着け心地とは?

試着レポ・ユニクロ、GU、無印良品 「洗濯可能マスク」の着け心地とは?

  • CREA WEB
  • 更新日:2021/04/08

4種類の「繰り返し使えるマスク」を比較!

No image

コロナ禍によってマスクが生活必需品になりしばらくが経ちます。花粉が舞う季節が到来して、より質の良いマスクを探し求める方も増えたでしょう。

昨今では従来の使い捨てマスクだけではなく、「洗って繰り返し使えるマスク」も人気です。

そこで今回はユニクロ、GU、無印良品で販売される「繰り返し使えるマスク」を実際に使用し、機能性やコスト面などで各商品を比較してみました。

メーカーによってどういった違いがあるのか気になっている方は、本記事を参考にしていただけたら幸いです。

◆【ユニクロ】エアリズムマスク(3枚組) 990円(税込)

No image

ユニクロ エアリズムマスク(3枚組) 990円。写真のカラーはグレー。

発売当初は売り切れる店も続出するなど話題になったユニクロの「エアリズムマスク」。内側に不織布フィルターが内蔵されているため、飛沫をブロックする力は優れています。

BFE(細菌ろ過効率)は99%、UVは90%カットし、生地は接触冷感生地を使用。洗濯ネットを使えば洗濯機洗いもOKです。

No image

着用した際の肌ざわりはとても心地良く、顔にフィットするため着用時のストレスはあまりありません。ネット上のレビューでは“使い捨ての不織布マスクだと肌が荒れるが、本品は肌に優しい”という意見もあり、その装着感は折り紙付きのようです。

難点があるとすれば、耳に掛けるゴムのバネの力が弱く、すぐ伸び切るのでサイズ感の調整がしにくいこと。

本品のサイズはS、M、L、XL(オンラインショップのみ)と4種類あるので、サイズを選ぶ際は注意が必要かもしれません。

◆【GU】高機能フィルター入りFASHION MASK 590円(税込)

No image

GU 高機能フィルター入りFASHION MASK 590円。写真のカラーはグレー。柄アリも展開。

GUの「高機能フィルター入りFASHION MASK」も不織布フィルター付きで、洗濯ネットを用いて洗濯機で洗うことができます。飛沫や細菌、花粉などの粒子を99%、UVも90%カットする性能があることから、前述の「エアリズムマスク」と同程度のパフォーマンス力を持っていると言えそうです。

No image

見た目こそ「エアリズムマスク」と若干の違いがありますが、手触りや着用した感触は大差ないように感じました。

異なる部分は、サイズが選べずフリーサイズのみという点。その大きさは「エアリズムマスク」(Mサイズ)より若干大きい程度です。

しかし耳に掛けるゴムの部分はアジャスター付きなので長さが調整可能になっており、ゴム自体の伸縮性も高いので、性別やサイズを問わずどなたにとっても使いやすいでしょう。

◆【無印良品】繰り返し使えるマスク/M 1枚入 約150×130mm 390円(税込)

No image

無印良品 繰り返し使えるマスク/M 1枚入 約150×130mm 390円。

無印良品の「繰り返し使えるマスク」はポリエステル65%、ポリウレタン35%で柔軟性に富んでいるため、着用していて最もストレスを感じない生地感です。

息もしやすいのですが、そのぶん飛沫拡散防止力や感染予防力にはやや不安を覚えます。

ユニクロやGUのマスクと違い不織布フィルター無し、洗濯機使用不可となっているので、購入するならば覚えておく必要があるでしょう。

No image

実際にくしゃみをした際に、不織布フィルターが無いため比較的飛沫が拡散しやすいような実感がありました。

価格がリーズナブルで着用しやすいのはうれしいのですが、機能性はそのコストに見合った商品と言えるでしょう。

◆【無印良品】繰り返し使える・3枚組 三層マスク(強撚ガーゼ) M(約14.5×9.5cm) 999円

No image

無印良品 繰り返し使える・3枚組 三層マスク(強撚ガーゼ) M(約14.5×9.5cm) 999円。

同じく無印良品の「繰り返し使える・3枚組 三層マスク(強撚ガーゼ)」は、2021年3月に新発売となった洗えるマスク。旧モデルは洗濯機使用不可でしたが、本品は洗濯ネットを使えば洗濯機使用可と利便性が向上しています。

No image

マスクの断面にそこまで厚みはありませんが、三層のフィルターを使用していて、内側に蒸れにくい強撚ガーゼ素材を、真ん中に不織布のフィルターを、外側に抗菌加工を施しています。より細くなったノーズワイヤーはしなやかに曲がり、鼻の形に合わせやすい仕様です。

着用した感覚は使い捨ての不織布マスクに近いので、そちらに慣れ親しんだ方でも違和感なく使えるのではないでしょうか。ユニクロやGUと比べて着用時のフィット感は少ないものの、肌ざわりは強撚ガーゼのおかげでゴワつくこともなく、いたってなめらかでした。

ユニクロ、GU、無印良品のマスクは、それぞれに値段や機能性の違いがあるため、本記事を参考に自身の用途や好みによってどれを買うか選んでみてくださいね。

※情報は2021年3月26日現在のものです。

文=二階堂銀河(A4studio)
撮影=二階堂銀河(A4studio)、佐藤 亘

二階堂銀河/A4studio

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加