数少ない成功例...プロ野球史上最高のFA移籍選手5人。期待通りの活躍を見せたのは?【投手編】

数少ない成功例...プロ野球史上最高のFA移籍選手5人。期待通りの活躍を見せたのは?【投手編】

  • ベースボールチャンネル
  • 更新日:2022/09/23
No image

産経新聞社

数少ない成功例…史上最高のFA戦士5人(1)2度行使した“優勝請負人”

プロ野球の世界では、環境を変えることでさらなる高みを目指す選手がいる。その代表例がフリーエージェント(FA)移籍だ。今オフのFA戦線も千賀滉大(ソフトバンク)や、森友哉(西武)などに注目が集まるが、過去を振り返ると、移籍後に期待通りの活躍を見せた選手はそう多くない。ここでは、新天地でも成功を収めたFA戦士5人を紹介する。【投手編】

【写真】ゲームバランス崩壊? “一人で”チームを日本一に導いた伝説の5人

■工藤公康
投打:左投左打
身長/体重:176センチ/80キロ
生年月日:1963年5月5日
経歴:名古屋電機高
ドラフト:1981年ドラフト6位

工藤は、名古屋電機高(現・愛工大名電高)からドラフト6位で西武に入団。左のエース格として黄金期を支えた。その後、4年連続となる2桁勝利を記録した1994年オフにFA権を行使。当時低迷期にあったダイエー(現・ソフトバンク)へ移籍する。

移籍初年度から開幕投手を任され、チームトップの12勝を挙げるなど奮闘した。そして、在籍5年目となった1999年に11勝7敗、196奪三振、防御率2.38をマーク。チームを福岡移転後初となるリーグ優勝と日本一に導き、自身は最優秀防御率と最多奪三振、最優秀選手(MVP)に輝いた。

同年オフに2度目のFA宣言を決断し、3年間リーグ優勝から遠ざかっていた巨人へ移籍。巨人でも移籍初年度の2000年から12勝5敗の成績を残し、最高勝率(.706)などのタイトルを戴冠。“優勝請負人”の期待に応えてリーグ優勝、日本一の原動力となった。その後も第一線で活躍を続けた工藤。NPB最長となる29年間の現役生活を送り、選手として14度のリーグ優勝、11度の日本一を経験した。

数少ない成功例…史上最高のFA投手5人(2)
数少ない成功例…史上最高のFA投手5人 全選手紹介

baseballchannel

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加