コロナ禍で裁判所も新様式苦慮 「公開の原則」と感染防止、どう両立

コロナ禍で裁判所も新様式苦慮 「公開の原則」と感染防止、どう両立

  • 産経ニュース
  • 更新日:2020/11/21

新型コロナウイルスの感染拡大防止を図りつつ、憲法が裁判で保障する「公開の原則」をどう維持するのか。裁判所が頭を抱えている。各裁判所では今年春以降、法廷での審理日数が減る代わりに、裁判官と当事者の間であらかじめ争点を整理する非公開手続きの回数が増加。ただ、世論喚起や社会的な議論を深めることを狙った訴訟では、できるだけ公開の法廷で審理を求める声が強い。冬を前に深刻化する感染の「第3波」。司法現場で模索

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加