【W杯】元独代表バラックが敗因分析 ドイツは「消極的だった」...日本の2人のキーマンに脱帽

【W杯】元独代表バラックが敗因分析 ドイツは「消極的だった」...日本の2人のキーマンに脱帽

  • FOOTBALL ZONE
  • 更新日:2022/11/25
No image

ミヒャエル・バラック氏【写真:Getty Images】

「DAZN」のレビュー番組「FIFAワールドカップタイム」に出演

森保一監督率いる日本代表は11月23日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第1戦でドイツ代表と対戦し、2-1の逆転勝利で世界に衝撃を与えた。元ドイツ代表MFで「小皇帝」の異名を持つミヒャエル・バラック氏が、スポーツチャンネル「DAZN」のレビュー番組「FIFAワールドカップタイム」に出演し、ドイツの敗因について語っている。

バラック氏は「結果にはみんなガッカリしたよ。驚くのも当然だね」と語ると、MFイルカイ・ギュンドアンのPKで先制しながらも逆転負け喫した日本戦の敗因に言及。「ドイツが長い時間試合を支配してボールを持つ時間が長かった。日本は前半とても控え目で中盤はドイツにスペースを多く与えてくれ先制した。すると日本は後半切り替えて高い位置から寄せて攻めてくるようになった。それでもドイツにはいいチャンスが数回あったが生かせず、それが負けにつながった」と続けた。

「当然日本は時間が経つにつれてチャンスを察知し、長いボールで少ないチャンスを得て確実にゴールを決めた。5~6人がペナルティーエリアにいたね。ドイツはミスをして消極的だったし、負けてはいけないプレッシャーがかかった」

前半の日本はドイツにとって与しやすかったようだ。「前半は日本が消極的だったことに驚いた。いい選手がいるから。日本代表の一部はブンデスリーガでもプレーし、クラブでもレギュラーで主力だからね。消極的すぎると思った。1対1でも体格的にもドイツよりも劣っていたので。前半はドイツにとってそれほど大変な相手ではないという印象だったよ」と、バラック氏は率直な印象を口にしている。

ところが、後半に入ると森保ジャパンが3バックへ以降し、次々と攻撃的な選手を投入。すると試合の流れが一変し、MF堂安律、FW浅野拓磨のゴールが生まれた。「後半に入ると日本は自信を持つようになって技術的に非常にいい堂安が入って、さらに経験豊富な南野が入ったことにより試合の形勢が逆転した」と、2人のキーマンを挙げている。「日本に勇気が出て(GKマヌエル・)ノイアーもなんとかセーブしていたが、次第に彼らは自分に自信を持ち形勢が変わったと思う」と分析していた。(FOOTBALL ZONE編集部)

FOOTBALL ZONE編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加