内村航平、珍しく落下も「感触はめちゃくちゃ良かった」 撮影役担いメンバーに助言も/体操

内村航平、珍しく落下も「感触はめちゃくちゃ良かった」 撮影役担いメンバーに助言も/体操

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/07/21
No image

会場練習の鉄棒で落下し、苦笑いする内村航平=21日、有明体操競技場(川口良介撮影)

東京五輪に臨む体操男子の日本代表が21日、会場となる江東区の有明体操競技場で公開練習を行い、種目別鉄棒で金メダルを狙う内村航平(ジョイカル)が珍しく落下した。

それでも「感触はめちゃくちゃよかった」と振り返った。

出だしから「ブレトシュナイダー」「カッシーナ」「コールマン」と手離し技を3連続で決めた直後だった。D難度のひねり技で落下。「離れ技をいい位置でキャッチできて、それで気が緩んでミスが出た」と自己分析した。

鉄棒の練習を終えると、ともにローテーションを組んだ団体総合メンバーの演技をスマートフォンで撮影し、積極的に助言を送った。男子全体の主将を担う32歳は「やることないじゃないですか。大したことはやってない」と冗談めかして笑った。

青を基調とした場内。「さすが五輪会場。美しい」と印象を語った。予選は24日、種目別鉄棒決勝は8月3日に行われる。

体操・競技日程へ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加