さらば青春の光森田、東ブクロの猫使っての新たな女性問題勃発の不安を吐露

さらば青春の光森田、東ブクロの猫使っての新たな女性問題勃発の不安を吐露

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2022/01/16
No image

「さらば青春の光の会長はねこである」発売記念サイン本お渡し会に登壇した、さらば青春の光の森田哲矢(撮影・村上幸将)

さらば青春の光の森田哲矢(40)が15日、都内で行われた写真集「さらば青春の光の会長はねこである」(講談社)発売記念サイン本お渡し会で、相方の東ブクロ(36)が事務所で飼育している猫の「会長」を自宅に持ち帰った裏に、新たな女性スキャンダルがあるのでは? と恐怖を感じたと吐露した。

東ブクロは囲み取材の中で、会長が17年に生まれて事務所「ザ・森東」に入社した当時を振り返り、飼ったのは社長の森田哲矢(40)とマネジャーの独断で「決定事項として『もう来るから』と伝えられた」と振り返った。その上で「猫は苦手…犬派なので、世話しないと言った。今は、メチャクチャかわいい。でも、猫アレルギーなんですよ。事務所に行くと、鼻がムズムズする」と、猫アレルギーながら今は会長と、昨年に入社した保護猫「専務」が好きだと語った。

今後“社員”を増やすかと聞かれると、森田は「僕は、もう増やす気はないですけど、ブクロがどう思ってるか」と答えた。話を振られた東ブクロは「もう、あとは個人的に飼おうか、どうかかな…事務所にコッソリ」と、自宅で猫を飼う可能性を示唆した。

すると、森田が「キモッ! 事務所に猫目当てで女は連れ込まへんけど、家なら連れ込めるって?」とツッコんだ。東ブクロが「お前、ややこしいこと言いすぎてるぞ!」とキレると、森田は「1回、怪しい時ありましたからね。事務所まで上がってきて『ちょっと猫、借りるわ』って言った時、めっちゃ怖かった。こんな猫愛のないヤツ、どこ連れて行くねんって思って」と笑った。

さらに、森田は東ブクロが「知り合いが来てて、触りたがっているって…絶対、お姉ちゃん系だろうと」と、東ブクロの、さらなる女性スキャンダルの可能性をにおわせた。これには東ブクロも「違いますよ。お前が記事を書くようなネタを(メディアに)与えるのは、やめてください」と苦笑いした。

会長は時折、さらば青春の光の仕事現場に顔を出すというが、この日は姿を見せず、取材陣の間からは失望の声も漏れた。森田は「会長は、無理に連れて行くのも…場所見知りするので。極力、外に出さないようにしている。ストレスになっちゃう可能性もあるので。基本は家猫なんで。会長は専務と事務所にいます」と説明した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加