元マンU主将ガリー・ネビル氏、米国人オーナーにクラブ売却勧める

元マンU主将ガリー・ネビル氏、米国人オーナーにクラブ売却勧める

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/03
No image

米国人オーナーのグレイザー家に抗議し発炎筒をたくマンチェスターUのサポーター(AP)

現役時代はマンチェスター・ユナイテッドで主将をつとめ、現在は解説者として活躍中の元イングランド代表DFガリー・ネビル氏(46)が、2日のマンチェスターU-リバプール戦が延期される理由となったファンの抗議行動について語った。

ネビル氏は、「欧州スーパーリーグ(欧州SL)」に参加しようとしてファンの怒りを買った米国人オーナーのグレイザー家が、サポーターからの信頼を取り戻したいと考えていることについて「抗議行動こそなかったが、この件以前から信頼はされていなかった」と断言。

その上で「オーナーたちがクラブを売って財産を得ることができ、今すぐクラブを売りに出すつもりがあるのなら良いタイミングだと思うし、立派なこと」とグレーザー家にクラブ売却を勧めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加