元鳥栖タタウ氏死去、親族「長引く病気で...」英報道

元鳥栖タタウ氏死去、親族「長引く病気で...」英報道

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/08/01
No image

W杯米国大会ブラジル戦 ボールをキープするカメルーンDFステファン・タタウ氏(1994年6月24日)

サッカーワールドカップ(W杯)の90年イタリア大会、94年米国大会にカメルーン代表主将として出場し、JFLの鳥栖フューチャーズでも活躍したDFステファン・タタウ氏が死去したと1日、英BBCスポーツなどが報じた。

報道によると、同国の首都ヤウンデにある自宅で亡くなったという。57歳だった。7月31日にタタウ氏の親族が「長引く病気で亡くなった」と報告し、詳しい死因は分かっていない。

90年イタリア大会では右サイドバックとして活躍し、準々決勝進出に貢献。94年の米国大会後の95年に鳥栖に加入し、2年間プレーした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加