入所施設で66歳の女性の腹を包丁で刺し...殺人未遂の疑いで77歳の男を逮捕【香川・高松市】

入所施設で66歳の女性の腹を包丁で刺し...殺人未遂の疑いで77歳の男を逮捕【香川・高松市】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2021/09/15
No image

岡山放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

9月15日、高松市にある精神疾患の患者などが入所する施設で女性を包丁で刺し殺害しようとしたとして77歳の男が殺人未遂の疑いで緊急逮捕されました。

緊急逮捕されたのは高松市の無職の77歳の男です。

警察の調べによりますと男は15日午前7時10分頃、自身が入所する高松市内の施設で66歳の女性の腹を包丁で刺して殺害しようとした疑いです。女性は命に別条はないということです。

別の入所者が女性の悲鳴を聞いて警察に通報したもので、男は警察の取り調べに対し「刺したことに間違いはありません。ただ殺すつもりはありませんでした」と殺意を否認しているということです。

事件があった施設は精神疾患のある患者などが入所する施設で、警察が犯行の動機や女性との接点について調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加