阪神がドラフト7位・高寺と仮契約、目標は後半にブレークした高卒2年目の小幡

阪神がドラフト7位・高寺と仮契約、目標は後半にブレークした高卒2年目の小幡

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/11/21

阪神がドラフト7位指名した上田西高・高寺望夢内野手(18)が21日、長野市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金2000万円、年俸480万円で仮契約した。

高寺は「より実感がわいてきたという感じです。地元の方の期待に応えられるように練習をしていきたいと思います」と力を込めた。

阪神の今季のドラフト指名選手9人(育成含む)で、ただ一人の高卒ルーキー。9月上旬に行われた「プロ志望高校生合同練習会」で8打席5安打2四球と猛アピールし、スカウトの目に留まった。

内野ならどこでも守れるが、目指すは正遊撃手。まずはシーズン後半に、遊撃でスタメン出場して攻守に活躍した高卒2年目の小幡に追いつくのが目標だ。「小幡選手が出ている試合はユーチューブでも見ていました。守備もすごくて、バッティングも、すごいなと思ってみていました。しっかり練習をして、そういう選手になれるように頑張ります」と気合をにじませた。

No image

仮契約を終え記念撮影に応じる阪神ドラフト7位、上田西・高寺望夢=長野市内のホテル(阪神タイガース提供)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加