東北、北陸で再び大雨のおそれ 来週は前線停滞し活動が活発に

東北、北陸で再び大雨のおそれ 来週は前線停滞し活動が活発に

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2022/08/06
No image

2022/08/06 11:20 ウェザーニュース

来週は北日本に前線が停滞しやすく、活動が活発になります。前線周辺では雨が強まるとみられ、東北や北陸など被害が出た地域で再び大雨のおそれがあります。今後の情報に警戒が必要です。

前線の活動は活発に

来週の8日(月)頃に大陸から前線に伴う活発な雨雲が近づき、9日(火)には北日本まで進んできます。その後は13日(土)頃まで北日本付近に停滞する見込みです。太平洋高気圧の周囲を吹く風によって湿った空気が供給されるため、前線の活動は活発になります。

現時点では9日(火)~10日(水)にかけてと、12日(金)~13日(土)に雨が強まる見通しです。前線は南北の動きがありますので、北海道から北陸にかけて雨の強まるおそれがあり、特に東北で雨量が多くなるとみられます。

すでに災害が発生した地域は早めの警戒を

現時点で予測の不確実性はあるものの、東北では北部を中心にかなりの大雨が想定されます。また、前線が南下するタイミングでは、先日、大雨特別警報が発表された山形県や新潟県で強雨の可能性があります。

すでに災害が発生した地域では、普段よりも少ない雨で新たは災害につながってもおかしくありません。最新の情報をこまめに確認し、できる範囲の備えを行ってください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加