新垣結衣、野木亜紀子新作ドラマ「フェンス」特別出演決定 沖縄の精神科医役でWOWOW初登場

新垣結衣、野木亜紀子新作ドラマ「フェンス」特別出演決定 沖縄の精神科医役でWOWOW初登場

  • モデルプレス
  • 更新日:2023/01/25

【モデルプレス=2023/01/25】女優の新垣結衣が、3月19日放送・配信スタートのWOWOW「連続ドラマW フェンス」(毎週日曜よる10時~、全5話)に特別出演することが決定。新垣がWOWOWに出演するのは本作が初となる。

No image

(写真 : 新垣結衣(C)WOWOW)

【写真】新垣結衣&星野源、手つなぎ2ショット

◆新垣結衣、野木亜紀子新作ドラマ「フェンス」特別出演

本作は、ドラマ「アンナチュラル」(2018)、「フェイクニュース」(2018)、「MIU404」(2020)、映画「罪の声」(塩田武士原作/2020)など、社会派エンターテインメント作品を数多く手がける脚本家・野木亜紀子の新作オリジナルドラマ。

新垣はこれまでに、野木脚本作である「空飛ぶ広報室」(2013)、「掟上今日子の備忘録」(2015)、「逃げるは恥だが役に立つ」(2016)、「獣になれない私たち」(2018)の4作品に出演。本作で5作品目の出演となる。

演じるのは、沖縄の精神科医・城間薫役。精神科医として日々の業務を行いながら、性暴力被害者の支援団体に協力し、登場人物たちに大きな変化を与えるという重要な役どころだ。新垣は「このような題材で作品を作るのはとても難しく勇気のいることだと思いますが、私は台本を読んで、各々の立場が抱える息苦しさや辛い現実だけではなく、個人に対しての希望や愛情を感じました」と明かし、「今より多くの人に知ってもらい、皆さんのすぐそばにあるものとして何か感じてもらえたら」とコメント。

今年は映画化決定が話題となっている「正欲」(朝井リョウ原作)の公開も控えるなど、活躍の場を広げている新垣。本作でもどのような演技を見せるのか注目だ。(modelpress編集部)

◆城間薫役:新垣結衣コメント

このような題材で作品を作るのはとても難しく勇気のいることだと思いますが、私は台本を読んで、各々の立場が抱える息苦しさや辛い現実だけではなく、個人に対しての希望や愛情を感じました。沖縄の人たちが皆それぞれの思いで、はたまた自分でも気づかないうちに少しずつ分け合って持っているであろう漠然としたしこりのようなもの。目に見えないフェンス。今より多くの人に知ってもらい、皆さんのすぐそばにあるものとして何か感じてもらえたらいいなと思っています。

◆ストーリー

雑誌ライターのキーこと小松綺絵(松岡茉優)は、米兵による性的暴行事件の被害を訴えるブラックミックスの女性・大嶺桜(宮本エリアナ)を取材するために沖縄へ向かう。桜の供述には不審な点があり、事件の背景を探る必要があったのだ。米軍基地の門前町・通称コザを訪ね、桜の経営するカフェバーMOAIへ行き、観光客を装って接近。桜の祖母・大嶺ヨシ(吉田妙子)が沖縄戦体験者で平和運動に参加していることや、父親が米軍人であることを聞く。

一方でキーは、都内のキャバクラで働いていた頃の客だった沖縄県警の警察官・伊佐兼史(青木崇高)に会い、米軍犯罪捜査の厳しい現実を知る。やがて、沖縄の複雑な事情が絡み合った“ある真相”にたどり着く。キーが見つけた事件の真相とは?!

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加