丸亀製麺「うどん弁当」販売へ 持ち帰り需要高まり

丸亀製麺「うどん弁当」販売へ 持ち帰り需要高まり

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/04/06
No image

動画を見る(元記事へ)

テイクアウトしやすい弁当の形にしたということです。

丸亀製麺はうどんと天ぷら、それにきんぴらごぼうと卵焼きの入ったセットをうどん弁当として13日から販売を始めます。価格は390円からです。

うどん弁当は麺やだしなどがまとめて入っているため従来のテイクアウトより持ち運びしやすいうえ、食べる時もスペースを取らないことが特徴です。

新型コロナウイルスの影響で商品の持ち帰りを選ぶ客が増えていることから、弁当の形での商品展開を考えたということです。

外食各社ではテイクアウト需要の高まりを受け、容器などを工夫してより運びやすい商品の開発を進めています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加