ソフトバンク、今季2度目の2試合連続零封負け 5月好調だった打線が23イニング連続無得点

ソフトバンク、今季2度目の2試合連続零封負け 5月好調だった打線が23イニング連続無得点

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2022/05/14
No image

◆日本ハム2-0ソフトバンク(14日、札幌ドーム)

ソフトバンクは5月は好調だった打線が沈黙。伊藤に完封された13日に続き、上沢―北山に零封リレーを許して23イニング連続無得点で2連敗を喫した。

打線は初回2死一、二塁で中村晃が右飛に倒れると、2回はリチャードの併殺打も響いて好機を生かせなかった。4回は上林が二塁打を放ったが、上沢に後続を断たれた。

前回登板でプロ初完封勝利を挙げた先発の大関は2回まで無失点で滑り出したが、3回2死一、二塁で今川の2点二塁打で先制を許し、6回途中で降板した。

5回以降も上沢を打ちあぐみ、今宮が四球で出塁した8回1死一塁では柳田が遊ゴロ併殺に倒れた。9回も北山に封じられた。

ソフトバンクの2試合連続零封負けは、4月10日の西武戦、同12日のロッテ戦に続き、今季2度目となった。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加