ディープボンド有馬記念に向けて始動 大久保師「去年の帰国後よりも状態はいい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/11/26

凱旋門賞18着ディープボンド(牡5=大久保)が有馬記念(12月25日、中山)に向けて25日、栗東坂路で初時計(4F60秒5~1F15秒1)を出した。

大久保師は「去年の帰国後よりも状態はいい。レースで無理をさせていないのが良かったですね。ここからしっかり立ち上げていきたい」と先を見据える。鞍上は前走に続いて川田の予定。昨年(凱旋門賞14着→有馬記念2着)と同じローテで悲願のG1初制覇を狙う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加