注目集まる大河ドラマ『太宗イ・バンウォン』は「実力派キャストの演技合戦」と「斬新な撮影方法」が見どころ!

注目集まる大河ドラマ『太宗イ・バンウォン』は「実力派キャストの演技合戦」と「斬新な撮影方法」が見どころ!

  • 韓ドラ時代劇.com
  • 更新日:2021/11/25

5年ぶりに復活したKBSの新しい大河ドラマ『太宗イ・バンウォン』が、正統派時代劇を待ち受けていたファンの期待と注目を大いに集めている。

12月に放送予定の『太宗イ・バンウォン』は、高麗(コリョ/こうらい)という古い秩序を崩壊させて新たな秩序を作り上げていた朝鮮の建国初期を舞台とし、最も建国をリードしたイ・バンウォン(李芳遠/のちに第3代国王)の新たな姿に迫る時代劇。

【関連】韓国KBSの“正統派”大河ドラマが復活へ

大河ドラマの全盛期を導いたKBSが、2016年放送の『チャン・ヨンシル』以来5年ぶりに制作する記念すべき作品だ。

正史をもとにした正統派時代劇だが、ただ朝鮮王朝実録を再現するのではなく、記録の向こうにある行間の意味を興味深いストーリーに構成して視聴者に届ける。大河ドラマの復活を望んでいた視聴者の要求とも合致したため、さらに歓迎されているようだ。

これまでの時代劇では、イ・バンウォンという人物を他の主人公の目線で描いたため、我々が見るイ・バンウォンの姿はいつも断面的だった。

そこで『太宗イ・バンウォン』ではイ・バンウォンを従来と違う新しい視点で描き、彼と彼の家族について深く扱う。

No image

(写真提供=Monster Union)

また、信頼できる俳優チュ・サンウクをはじめ、キム・ヨンチョル、パク・チニ、イェ・ジウォンらがドラマを彩る。キム・ヨンチョル(太祖イ・ソンゲ役)とチュ・サンウク(イ・バンウォン役)の父子演技、チュ・サンウクとパク・チニ(元敬王后・ミン氏役)の夫婦演技も見どころの1つだ。

『太宗イ・バンウォン』の制作陣は「日々高まる視聴者の目線に合わせ、一方では久しぶりに復活する大河ドラマへの期待を満たすために、変化した時代に応じた斬新な映像美を追求しようと思う。時代劇特有の、慣習化した撮影スタイルを捨て、人物の心理と権力の配置が現れる洗練された映像を具現化する予定なので、多くの関心と声援をお願いしたい」と伝えた。

『太宗イ・バンウォン』は、韓国KBS1にて12月に放送予定。

(記事提供=OSEN)

韓ドラ時代劇.com

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加