大鵬の孫納谷6勝「落ち着いていけた」来年は主役へ

大鵬の孫納谷6勝「落ち着いていけた」来年は主役へ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/20
No image

納谷(左)は一山本を押し出しで破る(撮影・小沢裕)

<大相撲11月場所>13日日◇20日◇東京・両国国技館

大横綱大鵬の孫、西幕下筆頭の納谷(20=大嶽)が一山本を押し出して最後の7番相撲を白星で飾り、6勝目をあげた。すでに来場所の新十両昇進を確実にしていたが、番付の面でも楽しみになった。

「何をしてくるか分からない相手。落ち着いていけたと思う。最後の相撲で負けたら気持ち的に落ちるんで勝ててよかった」。幕下上位の壁をなかなか突き破れずにもがいてきたが、6勝1敗の好成績で、いよいよ関取の座を手にする。

納谷は「(幕下上位でも)通用しないとは思っていなかった。ただ、上がるためには何かが違うと感じてきた。(1年後は)幕内でとっていたい」。才能に満ちた逸材が、来年は主役を目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加