リンゴを剥くとちっちゃくてボロボロ! それでも.../洗濯物がウラ返しでも正直誰も死なない

リンゴを剥くとちっちゃくてボロボロ! それでも.../洗濯物がウラ返しでも正直誰も死なない

  • 毎日が発見ネット
  • 更新日:2022/05/16

コロナ禍で家族の在宅時間が増え、SNSで拡散されるような「丁寧なくらし」をしたいと憧れる方もいるのではないでしょうか。夫・息子と三人で暮らすツボウチさんもそんな生活に憧れていましたが、実際は「妥協」だらけ。でも、家事に命を懸けてギスギスするよりは、手を抜いて団欒の時間を過ごせる生活の方が豊かですよね。そんな家族の笑いと共感がいっぱい詰まった、ツボウチさん著の書籍『洗濯物がウラ返しでも正直誰も死なない アバウトくらいがちょうどいい!#雑なくらし はじめました』(KADOKAWA)からエピソードを厳選してお届けします。

料理ってフツーに難しすぎない!?  「リンゴの皮むき」は無理難題だし、料理の基本中の基本「ネコの手」も意味不明! でも、ツボウチさんは今日も自分の料理に自信満々です。

※本記事はツボウチさん著の書籍『洗濯物がウラ返しでも正直誰も死なない アバウトくらいがちょうどいい!#雑なくらし はじめました』から一部抜粋・編集しました。

【前回】たまには料理して欲しいなァ!? 夫が作った「衝撃炒飯」/洗濯物がウラ返しでも正直誰も死なない

【無料まとめ読み】「洗濯物がウラ返しでも正直誰も死なない」記事リスト

No image

▶Amazon(電子書籍Kindle版)で『洗濯物がウラ返しでも正直誰も死なない』を読む

▶楽天ブックス(電子書籍Kobo版)で『洗濯物がウラ返しでも正直誰も死なない』を読む

▶Renta!で『洗濯物がウラ返しでも正直誰も死なない』を読む

【続きを読む】

No image
No image

本当はもっと素敵な生活を送りたい。そう思う人は多いかもしれません。だからといって、背伸びをしてもなかなか続かないですよね。ツボウチさんのように肩肘張らない等身大の生活でも、愛せればそれでいいのかもしれませんね。

【次回】「料理名? 何でもいいやん! 」料理名警察の取り調べは続く/洗濯物がウラ返しでも正直誰も死なない

【無料まとめ読み】「洗濯物がウラ返しでも正直誰も死なない」記事リスト

▶Amazon(単行本)で『洗濯物がウラ返しでも正直誰も死なない』を読む

▶Amazon(電子書籍Kindle版)で『洗濯物がウラ返しでも正直誰も死なない』を読む

▶楽天ブックス(単行本)で『洗濯物がウラ返しでも正直誰も死なない』を読む

▶楽天ブックス(電子書籍Kobo版)で『洗濯物がウラ返しでも正直誰も死なない』を読む

▶Renta!で『洗濯物がウラ返しでも正直誰も死なない』を読む

▶コミックシーモアで『洗濯物がウラ返しでも正直誰も死なない』を読む

▶ebookjapanで『洗濯物がウラ返しでも正直誰も死なない』を読む

▶BookLive!で『洗濯物がウラ返しでも正直誰も死なない』を読む

ツボウチさん

夫・息子と楽しく暮らす、いたって普通の主婦。著書に『フリースタイル家族』(KADOKAWA)がある。 Twitter:@pullalongduck

毎日が発見ネット

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加