香ばしくてモチモチ♪【新じゃがいも】の作り置き3選|鈴木さん家のラクちん作り置きVol.15

香ばしくてモチモチ♪【新じゃがいも】の作り置き3選|鈴木さん家のラクちん作り置きVol.15

  • Nadia
  • 更新日:2021/05/02
No image

週末に作り置きしておけば、平日のお弁当や夕食、朝食の一品に使える便利な「作り置きおかず」。いつも同じ調理法だと飽きてしまう作り置きおかずも、調理のバリエーションが増えれば、毎日の食卓の楽しみが増えますよね。この連載では「簡単、美味しい、何度も作りたくなる!」をテーマに、おすすめの作り置きおかずをご紹介します。

●過去の作り置き連載はこちら

新じゃがいもが美味しい季節になりましたね。収穫後、すぐに出荷される新じゃがいもは、たくさんでんぷんが含まれているため、普通のじゃがいもよりもみずみずしく、モチモチとした食感が魅力のひとつです。皮も薄く、そのまま食べられるため、炒めものなどに使うと香ばしさもUPするんですよ。

揚げものや、焼きもの、炒めもの。サラダにスープ、そして和えものなど、さまざまな料理に使えるのもうれしいですよね。

今回はそんな新じゃがいもを使った作り置きおかずを3品ご紹介します。なお、もちろん普通のじゃがいもでもお試しいただけますので、ぜひ作ってみてくださいね。

お箸が止まらない!「新じゃがとチキンのハニーマスタード」

No image

新じゃがいもと鶏肉を使ったボリューム満点おかずです。ハニーマスタードの甘辛いたれが絶妙で、お箸が止まらない美味しさですよ。

【材料(2人分)】
新じゃがいも 3個(約150g)
鶏もも肉 1枚(約280g)
薄力粉 大さじ1
サラダ油 大さじ1
A酒・醤油・はちみつ 各大さじ1
A粒マスタード 小さじ1
いりごま 少量

【作り方(調理時間10分】

1. Aを混ぜ合わせておく。新じゃがいもは皮がついたままよく洗い、ひと口大に切る。耐熱容器に入れてラップをふんわりかけ、電子レンジ600Wで5分加熱する。

2. 鶏もも肉もひと口大に切り、茶濾しに入れた薄力粉を振るって、まんべんなく付ける。

No image

3. フライパンにサラダ油を引き、中火で熱し、鶏もも肉の皮目を下にして並べる。焼き色が付いたらフライパンの隅に寄せて裏返す。空いた場所に新じゃがいもを加え、弱火で3分焼く。

No image

4. Aを加え、フライパンを揺すりながら全体に絡める。

No image

【コツ・ポイント】
・新じゃがいもは転がしながら焼き色をしっかり付けると、より香ばしくなります。
・鶏もも肉に薄力粉を付けるときは、まんべんなく付くようにしてください。
・普通のじゃがいもを使う場合は、じゃがいもの皮をむいて調理してください。

No image

【保存方法・保存期間】
・保存容器に入れ冷蔵保存で2日
・温め直すときは、耐熱容器に入れラップをふんわりかけて、電子レンジ600Wで2分温める

このレシピをお気に入り保存する
新じゃがとチキンのハニーマスタード【作り置き】

副菜なのに主役級!「新じゃがとピーマンのツナサラダ」

No image

新じゃがいもに、ピーマンとツナを合わせたサラダ風の作り置きおかずです。新じゃがいもはじっくり加熱するとモチモチとした食感が増し、より美味しくなります。うま味が強いツナをプラスすることで、副菜なのに主役級の美味しさに! 粉チーズでさらにコクもUPです♪

【主な材料】
・新じゃがいも
・ピーマン
・ツナ缶
・粉チーズ

詳しいレシピはこちら
新じゃがとピーマンのツナサラダ【作り置き】

ボリューム満点!「新じゃがとウインナーの粒マスタード炒め」

No image

子どもが大好きなウインナーを使った一品です。新じゃがいもは電子レンジで加熱して調理するため、あっという間にできあがり! ピリッとした粒マスタードが味のアクセントになっています。冷めても食べやすいので、お弁当のおかずにもおすすめです。

【主な材料】
・新じゃがいも
・ウインナー

詳しいレシピはこちら
新じゃがとウィンナーの粒マスタード炒め【作り置き】

皮付きの新じゃがいもは香ばしくてモチモチとしていて、その美味しさは格別。じゃがいもが一番美味しい時期に、ぜひ食べてほしい作り置きおかずばかりです。ぜひお試しくださいね。

このコラムを書いたNadia Artist

No image

家庭料理研究家 鈴木美鈴

https://oceans-nadia.com/user/10816

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加