<漫画>「レズ風俗のハードルを下げたい」有名経営者の曲げられない信念

<漫画>「レズ風俗のハードルを下げたい」有名経営者の曲げられない信念

  • bizSPA!フレッシュ
  • 更新日:2022/08/06

女性キャストから女性利用客への、性的サービスを提供するレズ風俗。なかでも15年の歴史を持つのが、大ヒットしたコミックエッセイ『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』(イースト・プレス)にも登場した「レズっ娘グループ」だ。

No image

『レズっ娘クラブ ONE TiME ONLY』(白泉社)

女性同士の性的な行為が楽しめるサービスを、大阪と東京の「レズっ娘クラブ」、姉妹店「レズ鑑賞クラブティアラ」の計4店舗で提供している同グループ。高校生以外の満18歳以上であれば、お客様の年齢、性別、国籍、見た目問わず誰でも利用できる。セクシュアリティも同性愛者に限定していないので、ヘテロセクシュアル、バイセクシュアルの女性の利用も多いそうだ。

同グループ代表で、現代のレズ風俗シーンのパイオニア御坊さん(@obouchama)。経営のみならず、現在「黒蜜」で連載中の『レズっ娘クラブ ONE TiME ONLY』(白泉社)の監修や、オンラインイベントの開催など幅広く活躍している。

インタビュー前編では経営哲学や採用基準について語ってもらった。後半となる今回では、コロナ禍での取り組みや今後の展望について話を聞いた。また、インタビューと共に、『レズっ娘クラブ ONE TiME ONLY』の第1話の中盤から紹介する。ぜひ最後まで目を通していただきたい。

「発信すること」でハードルを下げたい

――メディア作品の監修やイベントの開催など多角的にレズ風俗について発信するのはなぜですか?

御坊:レズ風俗の業界全体というよりも、レズっ娘グループが安心してご利用できる場だということを、いろいろな方向からさまざまな表現で発信していくことによって、女性がレズ風俗を利用したり性的なことを楽しんだりするハードルが下がればいいなと思っています。

特に、まだ当店をご利用いただいていない方に届けたいですね。いわゆるレズ風俗ブームから便乗店も増え、なかにはレズ風俗を騙る悪質店も増えました。僕らからそうした注意喚起をしつづけないと、勇気を出して利用しようとした人が傷つくかもしれない。

今、原案・監修を担当している『レズっ娘クラブ ONE TiME ONLY』はレズ風俗漫画というより、レズっ娘クラブの漫画ですね。最初はほぼお任せしていたのですが、最近はプレイシーン以外はがっつりシナリオを作ってますし、僕もキャラクターとして登場してます(笑)。第4話は、実際に今もある悪質店が登場するので、ぜひご覧いただきたいです!

コロナ禍では大きな影響を受けた

――サービスの形式上、コロナ禍で厳しい状況に直面したこともあったのではないでしょうか?「レズっ娘クラブ」「ティアラ」ではどのようにコロナ禍に立ち向かっていったのでしょうか?

御坊:感染拡大の当初から、感染症対策についてはやりすぎかもと思うぐらい注力し、費用もかけてきました。前編の記事でお話しした、性感染症対策としての検査結果割引と同様、性感染症対策としての検査結果割引と同様、「新型コロナPCR検査割引」はいまでもつづけています。個人が気をつければいいという話ではなく、お店としていかにキャストの安全とお客様の安心を守るか。それが僕の1番のポリシーなので、曲げられなかったですね。

それでも、営業自粛要請やそれに伴う多数の予約キャンセルが発生し、大きな影響を受けました。お客様はキャストとお会いすることができない。キャストは営業自粛がつづくと、このお仕事をつづけられなくなってしまう。どうにか負のスパイラルを脱したい! と思案して、行きついた答えが、有料でメールのやりとりをできる新サービス「メッセージ+」でした。

1通1万円と決して安くはなかったのですが、最初の1か月で217件の依頼がありました。僕はお店を永く経営していくためには、お客様とキャスト、そしてお店の「三者の信頼関係」を築くことが不可欠だと感じて実践もしてきたつもりでしたが、その答えがここで出た、と感じましたね。

コロナ禍での救済企画としてはじめたサービスでしたが、好評につき常設となりました。はじめてご指名いただくキャストと実際に逢う前にやり取りされる方もいらっしゃいます。お客様にとってはキャストのことを知れるし、また、お互いの「したいこと」「したくないこと」「できないこと」を事前に共有して心の距離を縮めておく、というふうにご利用されている方もいます。

女性スタッフが相談に応えてくれるサービス

No image

可能な限り、ひとりひとりのお客さんの悩みに寄り添っていく

――無料でレズ風俗利用に関する相談を受け付ける「レズ風俗ホットライン」を開設されたのは新しい試みだと思いました。

御坊:以前から、心のコントロールがうまくできず、使ってはいけないお金をレズ風俗に使ってしまったり、ルール外のことをキャストに要求したり、健全なご利用の仕方じゃないな、キャストやお店に依存しているのかもしれないな、といったお客様の存在は気になっていたんです。

いちばんのきっかけは、やはりコロナ禍ですね。2年以上つづく一方で見通しも立たず、ニュースやインターネット上ではネガティブな情報があふれているなか、これまでよりもメンタルを保つことがむずかしくなった方が増えたと感じてます。

そこで、女性スタッフがレズ風俗についてのお悩みに寄り添い、一緒に解決していく仕組みを設けました。お店を利用してみたいけど勇気が出ない、という相談に乗ることもありますよ。

20年、30年とやっていきたい

――2022年、「レズっ娘クラブ」は15周年を迎えます。今のお気持ちや今後の展望などがあればお願いいたします。

御坊:お客様とキャストが安心できる場を提供するのを最優先にしてきたから、15年間続けてこられたのだと思います。そうしていたら気づけばお客様から求められるようになり、キャストからも信頼を寄せられるようになりました。

今後もその思いを裏切ることなく、20年、30年とやっていきたいです。コロナ禍を乗り越えた後に実現したい計画がありますけど、いまはまだ秘密です。楽しみに待っていてください!

<取材・文/日比生梨香子 編集/ヤナカリュウイチ(@ia_tqw)>

【御坊】
1981年大阪生まれ、大阪育ち。大学卒業後、WEB制作会社に就職するも、24歳で独立。当時取引先に多かった性風俗産業に魅力を感じ、2007年に共同経営者2名とともにレズ風俗「レズっ娘クラブ」を起ち上げる。2009年以降は単独で経営。2010年にはレズ鑑賞サービスを提供する姉妹店「ティアラ」をオープンさせる。『レズっ娘クラブ ONE TiME ONLY』(白泉社)の監修も務める

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

※『レズっ娘クラブ ONE TiME ONLY[ばら売り]第1話』より

【日比生梨香子】

フリーライター。サブカルチャーとグルメ、自由業のキャリアに関心があります

bizSPA!フレッシュ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加