鞘師里保が1stミニアルバムより「BUTAI」先行配信、ステージを愛しているからこその葛藤を歌う

鞘師里保が1stミニアルバムより「BUTAI」先行配信、ステージを愛しているからこその葛藤を歌う

  • 音楽ナタリー
  • 更新日:2021/07/21

鞘師里保の新曲「BUTAI」の配信が本日7月21日に各音楽配信サイトおよびストリーミングサービスにてスタートした。

No image

鞘師里保

すべての画像を見る(全4件)

No image

先日、本格的に音楽活動を再開することを発表し、8月4日に自主レーベルSavo-rより1stミニアルバム「DAYBREAK」をリリースする鞘師。「BUTAI」は7月14日に配信がスタートした「Find Me Out」に続くミニアルバムからの先行配信曲第2弾で、うねるようなグルーヴと次々に変わる展開が特徴のスピード感あふれる楽曲になっている。作曲にはTHE SIGNALIGHTSのAkira SunsetとAPAZZIが参加した。

鞘師は楽曲の配信に合わせ、直筆のコメントを発表。「BUTAI」について「私はステージに立つ時間が好きです。けれど、満足するパフォーマンスが出来るのか。そのステージに相応しい自分でいられているのか。とその瞬間を想像すればする程怖くなり、そんな考え方をしてしまう自分の事も嫌になってしまう。ステージを愛しているからこその葛藤を歌っています」と説明している。

音楽ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加