フット後藤、次長課長・河本になりたかった過去「僕に無いものをいっぱい持ってる」憧れを語る

フット後藤、次長課長・河本になりたかった過去「僕に無いものをいっぱい持ってる」憧れを語る

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/06/23
No image

後藤輝基(フットボールアワー)が、すごくお世話になった芸人として河本準一(次長課長)の名を挙げ、そのエピソードを明かした。

【動画】フット後藤が明かす河本への憧れ

6月22日(水)よる11時30分より、ABEMAにて坂上忍がMCを務める新番組『デマ投稿を許さない』が放送。同番組は坂上がSNSのタブーに斬り込み、議論の嵐を呼ぶ禁断のトークバラエティ。どれがデマでどれが真実なのか分からない、有名人の噂話がネットに蔓延る昨今。毎回異なるゲストが抱えるデマ投稿に坂上がNOを突きつけ、視聴者の代表として、その真実に迫る。そして「真実を言っても炎上するだけ」「本当のことを言う場所がなかった」というゲストの胸の内を、公平な立場から解き明かしていく。企画・構成は鈴木おさむ氏。

前回に引き続き、今回のゲストはお笑いコンビフットボールアワーの後藤輝基。「すごくお世話になった先輩は誰?」と言う質問に、後藤は意外な人物の名前を挙げた。「僕が常々言ってるのは、次長課長の河本準一です」という後藤に「あ、そうなの?」と驚く坂上。後藤は「この世界に入って、お笑い芸人としての卵になって、卵の殻がパリパリパリパリ破れて、ほんで1番最初に動いてるものを親って言うじゃないですか?それが河本準一でしたね」と話し「ほんま世話になりました。お笑いのイロハを教えてくれたのは河本さんです」と明かした。

No image

河本は色々な人に引き合わせてくれたり、遊び方も教えてくれたと話す後藤。「我々の時代は無茶苦茶でしたから」と笑った後「無茶苦茶というか…」と取り繕おうとする後藤に、坂上は「そういうのいらないの。どういう無茶苦茶?」と間髪入れず質問。「結婚する前の話ですから」と前置きしつつ「コンパばっかり!」と吐き捨てる後藤。

No image

「とにかく、女性!女性!っていう時代はもちろんありましたよ」と当時のことを振り返り、先輩に気を遣いながらコンパなどを繰り返す中で気の使い方や人付き合いなどを学んだと坂上と意気投合した。

そして「(河本準一は)人間的に僕に無いものをいっぱい持ってるから」と話す後藤。河本は人との距離感を埋めるのがとても上手いそうで、後藤は「一時期、河本準一になりたいと思ったぐらい」と明かした。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加