『劇場版 ねこ物件』猫との撮影秘話

『劇場版 ねこ物件』猫との撮影秘話

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2022/08/06
No image

猫たちも登場

劇場版 ねこ物件』(公開中)の公開記念舞台あいさつが6日、新宿ピカデリーで行われ、主演の古川雄輝をはじめ細田佳央太長井短上村海成本田剛文松大航也金子隼也綾部真弥監督、猫のチャー、クロ、シシマルが登壇した。

本作は、今年の春ドラマとして話題を呼んだ「ねこ物件」の劇場版。人と猫が共に暮らすシェアハウスを舞台に、猫と人との繋がり方や新しい家族の形を描くハートフル・ストーリーだ。

猫との共演を振り返る細田は「玄関から入って『チャー』と言って上がった先でチャーを抱いたら『シャーッ!』って初めて言われて。ドラマでも言われたことなかったんですよね」と苦笑いしつつ、「映画の撮影になってからスーツを着ていたこともあって違う人に見えたのかな? 何回か『シャーッ!』って言われました。危機感を覚えたのかもしれないですね」と威嚇された理由を想像した。

上村は「僕たち入居者が猫ちゃんたちを見ているシーンでは大体、スタッフの大きな男の人が人形をカクカクカクッと(操作)しているのを見て、僕たちが微笑ましい顔をしている」と裏話を披露。古川も「外や縁側でネコを抱っこするシーンでは、猫ちゃんの安全に配慮して、カメラの反対側にネットを張ったりとか対策をして撮影をしている」と明かした。

本作にちなみ「癒やしの時間」を問われると、古川は「最近は車に乗っているときが癒やしの時間。昨日も新しい車に買い替えまして、業者さんに頼むといい値段がするので、ドラレコを自分でつけました」と紹介。長井は「休みの日の朝一番に飲むビールにとても癒やされます。やるといいですよ」と豪快な一面をのぞかせ、会場の笑いを誘っていた。(錦怜那)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加