パナソニック、ラジオのUSB録音もできる薄型Bluetooth/CDコンポ

パナソニック、ラジオのUSB録音もできる薄型Bluetooth/CDコンポ

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/02/22
No image

パナソニックは、CDやラジオなどの音源をUSBメモリーに録音できる、薄型オーディオシステム2機種を3月12日に発売する。価格はオープンプライス。店頭価格は、「SC-HC320」が22,000円前後。低音を強化した上位機種「SC-HC420」が29,700円前後。

ビクター、ウッドコーンスピーカー搭載のBluetooth対応一体型コンポ

CD再生やワイドFM対応のラジオ、外部入力(AUX)、USBメモリ、Bluetooth再生に対応した薄型オーディオ。在宅時間の増加によるラジオ聴取需要に対応し、新たにUSB録音機能を搭載。CD・ラジオ・AUXの音源をUSBメモリーに録り溜めることができ、タイマー録音で好きなラジオ番組を録音することもできる。USBメモリ再生の対応フォーマットはMP3。

どちらもデジタルアンプ「LincsD‐Amp III」を採用しており、ノイズと歪みを低減し、自然でリアリティのある音楽再生を追求。SC-HC320は大口径・大型マグネット搭載スピーカーユニットを装備し、薄型ながら豊かな低音とクリアなサウンドを実現するという。

上位機種のSC-HC420はさらに、空気の流れを妨げない長さ225mmの曲線状のポートを採用。スピーカー容積を効率化し、マグネットも強化するなど、スリムながら高音質かつダイナミックな重低音を追求した。最大出力はSC-HC420が20W×2ch、SC-HC320が10W×2ch。

従来機種で採用している、5枚分のCD音源を本体に録音して切り替えて聴ける「デジタル5チェンジャー」を引き続き搭載。好みの音質で聴ける「プリセットイコライザー」(ヘビー/ソフト/クリア/ボーカル/フラット)や、「おやすみタイマー」、「おめざめタイマー」といった機能を備える。3.5mmステレオミニのヘッドフォン端子も装備する。

SC-HC420はメタル仕様のフロントパネルや、ファブリック素材を採用したスピーカーネットを装備。SC-HC320のスピーカーネットはメタル素材を採用している。カラーは、SC-HC420がブラック、シルバーの2色、SC-HC320がホワイト、ブラックの2色。

消費電力は、SC-HC420が23W、SC-HC320が21Wで、どちらも待機時はBluetoothスタンバイオフで0.1W、スタンバイオンで0.2W。本体サイズ/重さは、SC-HC420が420×102×225mm(幅×奥行き×高さ)/約2.4kg。SC-HC320が409×107×198mm(幅×奥行き×高さ)/約2.5kg。

庄司亮一

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加