巨人 ドラ1平内がプロ3度目実戦で初失点 二回には初被弾

巨人 ドラ1平内がプロ3度目実戦で初失点 二回には初被弾

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/23
No image

2回、山田に2ランを打たれた平内(撮影・伊藤笙子)

「練習試合、ヤクルト-巨人」(23日、ANA BALL PARK浦添)

巨人のドラフト1位・平内龍太投手(22)=亜大=が、プロ3度目の実戦登板で“初失点”を喫した。先発マウンドに上がり、一回に先頭の塩見を遊直、青木を遊ゴロに仕留めた。だが3番・山田に150キロ直球を左前に運ばれ、4番・村上には二塁内野安打を打たれ一、二塁のピンチを迎えた。この場面で内川に151キロ直球を中前にはじき返され1失点を許した。

二回には先頭の広岡に145キロ直球を左越えに運ばれ、プロで初めて本塁打を浴びた。

即戦力として期待される右腕は、ここまでの実戦2試合で計4回を投げ無失点だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加