実りある豊かな経験に!恋愛を楽しいものにする3つのポイント

実りある豊かな経験に!恋愛を楽しいものにする3つのポイント

  • 愛カツ
  • 更新日:2022/09/23

恋愛は、決して楽しいことだけではなく、ときにつらく悲しい出来事に直面することもあります。

苦しい恋の後は、どうしても恋愛へのイメージがマイナスになりがちですが、どうせなら恋を楽しみたいですよね。

そこで今回は、楽しい恋愛を送るためのコツを3つご紹介します。

No image

素敵な恋愛を妄想してみる

「気になる彼とデートするなら……」「こんな理想の男性と知り合えたら……」など、妄想は恋愛をより豊かにしてくれるもの。

自分1人で勝手にイメージを膨らませているだけなら、周りに迷惑をかけることもありません。

妄想する内容も自由で、現状が変化しにくい片思いやフリーの時期こそ、自分の理想について考えてみる絶好の機会と言えます。

素敵な恋愛や楽しい付き合い方を妄想することが、仕事や自分磨きのモチベーションにつながるかも。

ドキドキ感を味わう

「いま、恋しているかも」と実感すると、急にドキドキしてくる人は多いと思います。

そのドキドキ感こそが、恋愛を楽しんでいる証拠でしょう。

気になる男性と話した後は、自分の状態の変化を確かめてみてください。

そこで自分の気分が盛り上がっていることを感じて、ようやく恋を楽しんでいることに気付くこともあるのです。

日常生活の中で自分がドキドキする瞬間を探してみれば、意外な恋のきっかけを見つける可能性はありますよ。

感情の変化自体を楽しむ

恋愛で辛い経験をした人や、自分の気持ちの変化に振り回されて苦しんだことのある女性ほど、「恋愛で一喜一憂するなんて疲れるだけ」と考えがち。

たしかに、自分でも行動をコントロールできないほどに感情が動いていても、恋を楽しむ余裕もないかもしれません。

しかし、気持ちが揺れ動き、「一緒にいて楽しい」「会えなくて寂しい」などと感じることこそ、恋愛の醍醐味と言えるもの。

「楽しい」「好き」以外の感情の揺れ動きを感じて、自分が恋に夢中になっていることを楽しめるなら、もっと素敵な恋愛ができるはずです。

難しく考えすぎず、まずは目の前の出来事を素直に楽しむことを意識してみましょう。

緊張せずに向き合って

恋愛において、辛い経験を避けようと自分の感情を抑えつけてしまえば、心から楽しめなくなります。

恥ずかしさや寂しさ、ときに怒りや嫉妬までも「楽しい恋愛」の一部だと思えるようになれば、もっと豊かで実りある経験となるかも。

必要以上に失敗を恐れず、前向きに捉えてみてくださいね。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加