八角理事長、早くも4敗の先場所V若隆景に苦言「楽に勝ちたい気持ちが強かったのでは」

八角理事長、早くも4敗の先場所V若隆景に苦言「楽に勝ちたい気持ちが強かったのでは」

  • 日刊スポーツ(バトル)
  • 更新日:2022/05/14
No image

若隆景(左)をはたき込みで破る霧馬山(撮影・野上伸悟)

<大相撲夏場所>◇7日目◇14日◇東京・両国国技館

協会トップの八角理事長(元横綱北勝海)は、早くも4敗目を喫した先場所覇者の関脇若隆景(27=荒汐)の相撲内容に苦言を呈した。

若隆景は平幕の霧馬山と対戦。立ち合いは右にずれながらおっつけたものの、両足がそろったところをはたき込まれた。

差し手を封じながら、下から攻め上げる相撲が信条の若隆景。正攻法とはいえない相撲内容に八角理事長は「立ち合い変化をするようじゃね。変化して下がって、足がそろってしまった」と敗因を分析する。

若隆景は、新関脇だった先場所を12勝3敗で制した。大関とりの足固めを期待される今場所だが、すでに3勝4敗と苦しい前半戦。八角理事長は「(大事なのは)苦労して勝つこと。楽に勝ちたい気持ちが強かったのでは。まだまだですね」と奮起を求めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加