推しイメージ雨具で梅雨を乗り越えよう!魅力や選び方のポイントは?

推しイメージ雨具で梅雨を乗り越えよう!魅力や選び方のポイントは?

  • めるも
  • 更新日:2021/06/15
No image

「おたスケ」。それはオタクのスケジュールであり、あなたのお助けとなるスケジュール。
本コラムではオタクライフを満喫したい方に向けた時間の過ごし方や情報を、アニメ大好きライターのハシビロコがお届けします。

推しがいれば雨も楽しい

こんにちは、ハシビロコです!
今年も梅雨の季節がやってきましたね……。蒸し暑くてじめじめしますし、空模様も暗くて気分が下がりがちのシーズン。しかも6月は祝日もないので「なにこれ無理ゲーじゃん」と毎年思っていました。

しかし今年の私は一味違います。
なぜなら推しのイメージにぴったりな雨具を手に入れたから。
むしろ早く使いたいので雨が降らないかな、とさえ考えているほどです。

そこで今回は、梅雨が少しは楽しくなるかもしれない推しイメージ雨具の魅力、そして選び方のポイントをご紹介します!

推しイメージ雨具を手に入れてわかった3つの魅力

■魅力1:推しの概念を堂々と持ち歩ける

推しイメージ雨具は、自分が勝手に推しの概念を感じて用意した、ごく普通の雨具。はたから見ればただの傘やレインシューズなどにしか見えません。

つまり人目を気にせず堂々と持ち歩ける。キャラクターグッズを持っていくことが難しい場面でも、雨具であればごまかせます。

No image

たとえばこちら。『ダンキラ!!! – Boys, be DANCING! -』の推し、霧山おぼろ君の概念(だと勝手に思っている)傘です。ショッピングモールの傘売り場に並んでいました。

イメージカラーの鮮やかな緑色と、マフラーなどとおそろいの黒が入っています。
出会った瞬間に「これは買わねば」と思い、折り畳み傘を持っていたにもかかわらず購入しました。推しとの出会いは一期一会だから仕方ない。

知っている人にはきっと伝わる概念。傘を広げれば推しのいる空間をどこにでも召喚できるので、幸せな気持ちになれるはずです。

■魅力2:雨が降っていなくても使いたくなる

雨が降っていなくても使いたいほどに愛着がわく推しイメージ雨具。
新品の長靴を買ってもらって晴れの日でも履こうとしていた幼少期を思い出します。

折り畳み傘で十分な日でも、推しイメージ雨具が大きな傘ならば持っていきたい。
もしかしたら雨が降るかもしれないから、と晴れているときでも持ち歩いてしまいます。使いたいから早く雨になってほしい。

■魅力3:絶対に置き忘れないようにしようと思える

推しを置いてけぼりにするなんて絶対にできない。推しイメージ雨具も置き忘れるなんてできません。

つまり帰り道で晴れていても、きちんと家まで持って帰ろうと思えるはず。
外出の際、傘を持っていこうとしたのに忘れた、などのうっかりも減らせる……かもしれません。

推しイメージ雨具を選ぶときのポイントは?

No image

推しイメージ雨具でもっとも入手しやすいのは、公式から発売されたコラボアイテム。『名探偵コナン』のように、キャラクターのイメージを取り入れた傘が出ているタイトルもあります。

しかしまだ公式からコラボ雨具が出ていない推しの場合、自力でイメージにぴったりなアイテムを見つけなければなりません。
ここからは推しイメージ雨具を選ぶときに私がこだわっているポイントを解説していきます!

■構造と色にこだわろう!

雨具を選ぶとき、最初に注目するのはイメージカラーやモチーフの模様などが入っているかどうか。さらに構造にもこだわると、推しの概念をもっと詰め込むことができます。

たとえば傘は、製品によって骨の数や全長に違いが。骨の数が多いと覆ってくれる範囲が広くなるので、やさしさや包容力が魅力の推しにおすすめです。
身長の高い推しの場合は、全長の大きな傘を選ぶのもよさそう。

No image

ちなみに先ほど紹介したおぼろ君概念傘の骨は16本。軸がしっかりしているため、風が強い日でも安定感があります。
しかも和傘のようなシルエットなので、和の要素があるおぼろ君にもぴったり。

レインコートの場合は、推しのイメージに合わせてジャケットタイプかポンチョタイプかなどを決めると楽しいです。フードがあるタイプも多いので、フードを被っている推し概念を摂取したい方はぜひ。

見た目はジャケットのほうがすっきりしているかもしれませんが、個人的にはポンチョもおすすめ。だって深緑色のポンチョとか買ったら自由の翼背負えそうじゃないですか……。
マントのようなひらひら感が、厨二心をくすぐられて大変よきです。あとリュックごと覆えるので利便性も高い。

レインシューズは推しが履いている靴と同じような形を探してみましょう。ブーツタイプ、スニーカータイプ、ローファータイプなど、種類が豊富なので売り場を見ているだけでも楽しいです。

ちなみに私は農作業に使うような黒いゴム長靴がほしくてほしくてたまりません(『刀剣乱舞』の桑名君概念)。

■アレンジしやすいアイテムもおすすめ!

なかなか気に入った色や形に巡り合えないときは、アレンジのしやすさで選んでみてはいかがでしょうか。
靴ひもを推しのイメージカラーに付け替えてみる、傘の柄にストラップを付けてみるなど、推し概念を補強する方法はいくらでもあります。

ちなみに無印良品の「しるしのつけられる傘」シリーズは、柄の部分に穴が開いているのでストラップなどを取り付けやすいです。

No image

推しイメージ雨具の解釈は人それぞれ。自由な発想でお気に入りの雨具を見つけ、梅雨の時期を少しでも楽しく乗り越えましょう!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加