東海大硬式野球部 無期限活動停止 複数部員が寮内で大麻使用 山田学長謝罪「信頼を裏切る行為」

東海大硬式野球部 無期限活動停止 複数部員が寮内で大麻使用 山田学長謝罪「信頼を裏切る行為」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/18

東海大は17日、神奈川県内で会見し、硬式野球部を無期限活動停止処分にすると発表した。複数の部員が大麻使用が発覚した。

No image

<東海大・硬式野球部会見>硬式野球部の不祥事を謝罪する(左から)硬式野球部・伊藤栄治部長、山田清志学長、教学部・内山秀一部長(撮影・島崎 忠彦)

山田清志学長は「寮内での大麻らしき薬物使用の疑いあり、調査の結果複数名の使用が判明した。事態を重く受け止め、硬式野球部を無期限の活動停止処分にした」と述べた。

今秋の首都大学リーグ戦の出場辞退を申し出て、受理された。

山田学長は「逮捕には至っていないが、警察の捜査に協力し、大学としても調査して全容の解明に全力を注ぎたい」とした上で「信頼を裏切る行為になりましたこと心よりお詫び申し上げます。誠に遺憾で責任を痛感しております」と陳謝した。「決して起こらぬよう全学生に啓蒙活動を実施したい」と述べた。全学的に調査を進めていくという。

10月9日午後、大学あてに電話で通報があり、平塚警察署に相談。野球部部長中心に学内調査を開始した。個別ヒアリングの中で学生からの申し出があり、違法薬物の使用を認めたという。学生たちは大麻だと認識していたといい、16日に神奈川県警の家宅捜索が行われた。

プロ志望届提出選手については、今後の対応は変わらないとしている。

伊藤栄治部長によるとこの日、安藤強監督から部員に説明。同監督は寮内で待機しており「非常に申し訳ないと言っていた。重く受け止めて、今後についても話していた」。

来春の入学が内定している新入生への対応について、伊藤部長は「誠意をもって説明してまいりたい。具体的には安藤監督と相談して、行動していきたい」とした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加