【Krush】6年ぶり参戦の大月晴明“殺気のこもった目”で「ぶっ飛ばす」明戸仁志も負けじと「ぶっ飛ばす」

【Krush】6年ぶり参戦の大月晴明“殺気のこもった目”で「ぶっ飛ばす」明戸仁志も負けじと「ぶっ飛ばす」

  • ゴング格闘技
  • 更新日:2021/01/25

2021年1月23日(土)東京・後楽園ホール『Krush.121』の前日計量&記者会見が、22日(金)都内にて13:00より行われた。
 第5試合のKrushライト級3分3R延長1Rで対戦する、大月晴明(NEXT LEVEL渋谷)は62.2kg、明戸仁志(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)はリミットちょうどの62.5kgでそれぞれ計量をパス。
 大月とガッチリ握手を交わした“戦友”

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加