天理先発・森田雄斗が8者連続三振 エース達の負担減らす新戦力に監督期待

天理先発・森田雄斗が8者連続三振 エース達の負担減らす新戦力に監督期待

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/04
No image

天理は森田雄斗投手が先発して立ち上がりから8者連続奪三振の快投を見せた

<高校野球春季奈良県大会:天理10-0平城>◇4日◇3回戦◇佐藤薬品スタジアム

天理先発の森田雄斗投手(3年)が平城戦で8者連続奪三振の快投を演じた。力強い速球やスライダーなどで空を切らせた。4回9奪三振無失点に「三振を取るつもりはなかった。思い切り放るだけ」と無心。3月のセンバツは選手登録されたが登板機会はなく同じ左腕の仲川一平投手(3年)が好投した。この日は5回コールドで大勝。中村良二監督(52)は「(8連続三振に)夏は達1人で投げるコンディションでできない。連戦にもなる」と見据える。森田が“新戦力”で加われば層は厚くなる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加