共演者キラーの勝地涼、戸田恵梨香と前妻は似た者同士?束縛愛に浮上したDV疑惑【芸能界、別れた二人の真相】

共演者キラーの勝地涼、戸田恵梨香と前妻は似た者同士?束縛愛に浮上したDV疑惑【芸能界、別れた二人の真相】

  • リアルライブ
  • 更新日:2021/05/02
No image

勝地涼

女優の前田敦子が23日、自身のインスタグラムを更新。夫の俳優・勝地涼との離婚を発表した。2人は、2015年放送のドラマ『ど根性ガエル』(日本テレビ系)、18年公開の映画『食べる女』での共演を経て交際に発展。同年7月に交際4カ月でのスピード婚を発表し、19年3月に長男が誕生した。だが、同年5月に夫婦の修羅場を『週刊文春』(文藝春秋)に激写され、20年6月には別居が『女性セブン』(小学館)に報じられるなど、前途多難な結婚生活だった。

前田のコメントと同日、勝地も自身の公式ページで「自分の至らなさによるもの」と離婚についてコメント。自ら矢面に立った勝地だが、2021年2月発売の『女性セブン』では、19年5月に前田が自身のインスタグラムで公表した家事の最中に足の靭帯を傷めたとしていたケガが「実は勝地との夫婦げんかが原因だった可能性がある」と報じ、“DV疑惑”が浮上していた。

そんな勝地は独身時代、名だたる女優たちと浮名を流した芸能界きっての共演者キラーだ。もし、“疑惑”が本当ならば、過去の女性たちも被害者だったのだろうか。

「勝地が最初にスクープされたのは14歳だった2000年のこと。ドラマ『六番目の小夜子』(NHK)で共演した2歳年上の女優・松本まりかとは、勝地の猛アタックで交際に発展したものの、友達付き合いも多かった松本に勝地が嫉妬してケンカが絶えなかったとか。2人は復縁を繰り返していましたが、勝地はドラマ『少しは、恩返しができたかな』(2006年・TBS系)で共演した池脇千鶴と2008年発売の『女性自身』(光文社)で熱愛報道。双方は交際を否定したが、その後の進展がなかったことから破局の噂が立った。2009年3月には、14歳年上の高岡早紀との熱愛を『女性セブン』が報道。舞台『いのうえ歌舞伎 壊・Punk 蜉蝣峠』で共演した2人は、友人たちとの飲み会に参加していた最中に宴を抜け出し、高岡の自宅に向かっていたところを激写されています。高岡は、同年7月発売の『女性自身』のインタビューで勝地について『気の合うお友達』と交際を否定していました」(芸能ライター)

そうそうたる顔ぶれの元カノたちと多くの恋を経験してきた勝地。中でも、2013年9月発売の『週刊女性』(主婦と生活社)で熱愛を報じられた女優・戸田恵梨香との破局は前田と共通する点が見られる。

>>錦戸亮、モテ遊んだ新垣結衣との夜の生活まで吹聴? 今なお続く激ヤセはトラウマからか【芸能界、別れた二人の真相】<<​​​

「2人は、2013年放送のドラマ『SUMMER NUDE』(フジテレビ系)での共演がきっかけで交際に発展したよう。2014年1月発売の『FRIDAY』(講談社)では、2人が戸田の実家・神戸に向かう姿もスクープされ、お互いの親とも顔合わせ済みだったとか。結婚間近ともいわれていましたが、2016年5月に戸田と俳優・加瀬亮との熱愛を『日刊スポーツ』に報じられ、同時に勝地との破局が明らかに。破局の原因は、戸田の父が勝地を気に入らなかったという説もありますが、“束縛魔”の戸田に勝地が耐えられなかったといいます」(前出・同)

勝地は前田との結婚生活で、激しい束縛を回避するために別居を選択したといわれていた。勝地にとって“束縛愛”は重いのだろう。

「前田と戸田はストイックな性格の上、恋愛においてもどっぷり男性にハマる点が共通するよう。似た者同士に引かれた勝地は、今後も同じタイプの女性を選ぶ可能性がありそうです」(芸能関係者)

前田のヒステリーに耐え続けた“健気な夫”のイメージを一転させた“DV疑惑”。さらに、2021年2月発売の『女性自身』では“ゲーム漬け生活”を報じられ、育児放棄や家庭を顧みなかった事情なども飛び出し、立場が逆転したような状況だ。はたして真相やいかに。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加