美形で売り出し中のNMB山本聖叶「成長していきたい」 「難波鉄砲隊其之九」公演

美形で売り出し中のNMB山本聖叶「成長していきたい」 「難波鉄砲隊其之九」公演

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/19
No image

「告白の空砲」公演に出演した難波鉄砲隊其之九の(左から)川上千尋、塩月希依音、山本聖叶、安部若菜=大阪・NMB48劇場

投票企画で決まったNMB48メンバー7人で結成された「難波鉄砲隊其之九」による告白の空砲公演が18日、大阪市のNMB48劇場で初日を迎えた。投票1位でセンターをつかんだ鵜野みずき(23)、美形で人気急上昇中の2位・山本望叶(18)、グラビアクイーンの3位・横野すみれ(19)らが躍動した。

7人は鉄砲隊-として歌唱するNMBの新曲「恋なんかNo thank you!」(11月18日発売)のカップリング曲で公演と同名の「告白の空砲」、「ファーストラビット」「高嶺の林檎」など全12曲を披露。劇場は感染対策がされ、マスクを着用した観客からコールはなし。本編後のアンコールも発声ではなく、手拍子だった。

セットリストはメンバーの選曲といい、山本は「未来の果実」「キャンディ」を強く推したと告白。横野が「MARIA」、投票4位の塩月希依音(14)が「ピンク色の世界」を希望したと明かした。

「告白-」のミュージックビデオも公開され、7人はファンとともに鑑賞。2011年に加入した2期生の鵜野は「ソロでセンターが本当に初めてだったんで、自分じゃないみたい。皆さんに選んでもらって良かった」と思いを伝えた。

エンディングでは山本が「このメンバーは投票で選んでいただいた。感謝を忘れず、その思いを公演を通して伝えられたら。私自身、成長して行きたい」と意気込みを明かした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加