お古メイク卒業♡メイクアップアーティストが教える「2022年の今っぽ眉メイク」のやり方

お古メイク卒業♡メイクアップアーティストが教える「2022年の今っぽ眉メイク」のやり方

  • michill
  • 更新日:2022/06/23

こんにちは、メイクアップアーティストの園佳子(そのよしこ)です!今回は「2022年の今っぽ眉メイク」をご紹介します.眉のトレンドはアイメイクの中でも特徴が表れるパーツなので、今旬な眉メイクをキャッチしておきましょう!

2022年の今っぽ眉は「三角眉」

しばらくは太眉、平行眉が旬なイメージでしたが、今注目されているのはエッジを効かせた″三角眉″です。

野暮ったい印象にならないよう、ポイントを押さえましょう。

ポイント①自眉の色はヘアカラーやアイメイクにマッチさせる

No image

自眉の色はヘアカラーやアイメイクに馴染ませるのが引き続きポイントになります。

アイブロウパウダーや眉マスカラだけでなく、手持ちのアイシャドウもアイブロウパウダーとして使えますので、1番マッチするカラーで自眉を馴染ませます。

ポイント②眉のシェイプは眉山のエッジを効かせる

No image

アイブロウペンシルで眉尻から描き始めます。

眉山から眉尻に向けて描く角度、眉頭から眉山に向けて描く角度を調整して眉山のエッジを出します。

No image

眉頭の位置が高すぎると眉山のエッジが滑らかになってしまい、三角眉に見えにくいので注意しましょう。

眉の下のラインは平行になるように描き足すと、より三角眉のシェイプが際立ちます。

ポイント③エッジをボカす

No image

眉山のエッジがしっかりしている分、眉の印象が強くなり過ぎないようにエッジはふんわりボカします。

三角眉で色が濃すぎると男性っぽく見えてしまうので、ボカしは重要です。

ポイント④眉下のハイライトを入れる

No image

眉下にハイライトを入れることで立体感と眉全体の印象がスッキリ見えます。

専用のハイライトも最近は発売されていますが、なくてもパウダーのハイライトなどでもOKです。

No image

いかがでしたか?

三角眉は90年代のイメージを彷彿させるイメージで、今のファッションなどにもマッチするので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

Yoshiko Sono

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加