蛭子能収のゆるゆる人生相談「母のいる介護施設で...」

蛭子能収のゆるゆる人生相談「母のいる介護施設で...」

  • 女性自身
  • 更新日:2021/02/21
No image

すべての画像を見る

大反響の「ゆるゆる人生相談」を一挙108本収録した、世界一ゆるい自己啓発本『笑われる勇気』(光文社・900円+税)も発売中の“世界一ゆるい70代”となった蛭子能収さん(73)が、読者からの相談に答える!

昨年7月、蛭子さんは、『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京系)で、アルツハイマー病とレビー小体病を併発している初期の認知症であることを公表した。

【Q】「母が通う介護施設の送迎車に〈ボートレースファンからの贈り物〉とステッカーが。蛭子さんを思い出して気持ちがほっこりしました。これからも競艇がんばってください!」(ひで~おさん・52・会社員・東京都)

【A】「介護する家族には少しでも気持ちの温まることを見つけてほしい」(蛭子能収)

これは悩み事なんですかね?(マネージャー〈以下、マ〉「介護する人は大変だけど、競艇の売り上げで寄贈された送迎車を見て蛭子さんを思い出してほほ笑ましくなったんじゃないですか」)介護する家族は大変みたいですから、少しでも気持ちが温まることが見つけられたらいいですよね。

オレも競艇からプレゼントが欲しいですね。ずいぶん前ですが、オレが競艇で5万円勝ったときに一緒に行った人へご祝儀を5,000円あげたことがあるんです。でも、その後のレースでオレが負け続けて一文無しになったときに、ご祝儀をあげた人がかわいそうだと思って「お茶でも飲もう」とおごってくれたことがありました。

それも競艇ファンからのプレゼントですが、そのお茶代は、もともとはオレのお金なのにと複雑な気持ちになりました。贈り物として、これまで負けた1億円が取り戻せれば、今、ぼんやりしている頭もスッキリすると思うんですけどね。

(マ「どうせまた競艇で負けるからやめてくださいね」)……すごく気持ちがヒンヤリしました!

「女性自身」2021年3月2日号 掲載

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加