米の平均家賃が20万円を突破!ホテルのほうが安いか検証してみた

米の平均家賃が20万円を突破!ホテルのほうが安いか検証してみた

  • ライフハッカー[日本版]
  • 更新日:2022/08/06
No image

最近、全米の家賃の中央値は史上初めて2,000ドル(約22万円)を超えました。このような切迫した状況では、一見真逆のように思える「ホテルに住む」という選択を検討するのもありです。

実際、手頃な住居を見つけるのが大変であれば、この選択を検討するのも一理あります。

すべてのホテルで長期滞在ができるわけではない

まず最初に確認したいのは、泊まりたいと思っているホテルが長期滞在を受け入れているかどうかです。

すべてのホテルやホテルチェーンに、長期滞在のオプションがあるわけではありません。オンラインで検索すると、ほとんどのホテルのWebサイトが宿泊予約の上限を28日にしていることがわかると思います。

どんな状況であれやってはいけないのは、ホテルの部屋を予約して、そのまま出ていかずにそこに居座ることです。たとえ宿泊費を払っていても、ホテルが居住用としての利用を禁止している場合、最終的には追い出されます。

このような面倒や気まずいことをしたくない場合は、いわゆる「長期滞在向け」のホテルを利用するのがいいでしょう。

このようなホテルは、長期滞在向けに設計されたアパートタイプの部屋を用意しており、ビジネスモデル全体が長期滞在を中心になっているので、一番手っ取り早く安全な選択肢です。

ホテルに住むのにいくらかかる?

ホテルの宿泊料金は、日々価格が上下します。現在、米国内のホテルの平均価格は約1泊200ドルなので、月間にすると大体6,000ドル(60万円)です。

長期滞在型のホテルの料金は、通常月額5,200ドルから7,200ドル(約50万円〜70万円)です。これは、生活費の高い都市でも、明らかに家賃の平均価格よりも高いです。

モーテルは、まったく豪華ではないですが、はるかにお手頃です。場所にもよりますが、1泊45ドルから100ドル(もしくはそれ以上)で、長期滞在型のモーテルは1泊90ドルから125ドルです(モーテル全体では滞在費の月額は1,350ドルは3,750ドル)。

しかし、モーテルは幹線道路の近くや都心部から離れたところにあることが多く、料金が安い場合は、それだけ治安が悪くなるかもしれないということを覚えておいてください。

ホテルに住む場合の長所と短所

モーテルは賃貸よりも比較的安くなることがありますが、ホテルやモーテルに住むことの経済的なメリットは、柔軟性(一般的に賃貸契約や保証金、信用調査がなく、現金を含む支払い可能な方法があれば問題ないこと)と付属の設備にあります。

簡素なモーテルに住んでいても、電気代、水道代、光熱費、それにテレビやインターネットの料金も別に払う必要がありません。

部屋は定期的に掃除してくれますし、トイレやバスルームの備品も無料、シーツやタオルは交換して洗ってくれます。市内通話が無料のところもあります。

ホテルの場合、ジム施設が使えたり、無料のコーヒーやお茶があったり、さらには毎日朝食が付いてくるところもあります。

このように、家賃だけでなく他にも支払わずに済むものがたくさんあります。ですから、ひと月にかかる料金がその地域の家賃より高くなったとしても、別のものでお金を節約できる可能性があります。

一方、ホテルやモーテルに住む場合の欠点も多々あります

収納:ホテルの部屋はたくさんの物を収納するように設計されていません。身の回りの物を減らしたり、収納のために別にお金をかける必要があり、予算にも影響が出ます。

装飾:長期滞在型の良心的な価格のホテルは、おそらく素敵なリゾートホテルのような見た目ではないと思います。使い古された家具やつまらないインテリアに我慢しなければならない可能性が高く、賃貸物件のように自分好みに変えることは制限されます。

キッチンがない:ほとんどのホテルやモーテルには、電子レンジや飲み物用のクーラー(ミニ冷蔵庫と混同しないように)くらいで、いわゆる調理する場所がありません。長期滞在向けのホテルやモーテルの部屋には、簡易キッチンがありますが、広さや設備は十分ではないことがほとんどです。

コミュニティがない:ホテルでは、隣り合わせた人と近所付き合いのような関係を持つことはほぼ不可能です。そこにいる人たちは数日で去っていくからです。ずっとその日暮らしのような、通りすがりのような状態で過ごすのは、精神的にダメージがあります。

最後に

ホテルやモーテルに住むのは、アパートを借りるよりもはるかに安くなることはなく、むしろ高くつくかもしれません。

しかし、付属の設備や備品を考えると、節約できることもあるかもしれません。手頃な賃貸物件を探すのが難しい場合は、長期滞在型のホテルやモーテルは現実的な解決策になる可能性があります。

No image

<2個セット> On the GO 圧縮バッグ ファスナーで簡単圧縮!スーツケースの衣類スペースを50%節約 (ブラック)

4,480

Amazonで見る

Source: NPR, Money Q&A, Nerd Wallet

的野裕子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加