密フェス参加の元E-girls「ヘラヘラ謝罪」で再謝罪も... 服装に厳しい批判「あり得ない」「常識ない」

密フェス参加の元E-girls「ヘラヘラ謝罪」で再謝罪も... 服装に厳しい批判「あり得ない」「常識ない」

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2021/09/15

元「E-girls」の須田アンナさんとYURINOさんが2021年9月14日、野外音楽イベント「NAMIMONOGATARI2021(波物語)」へ観客として参加したことをYouTubeで改めて謝罪した。

No image

須田さんとYURINOさんは6日にも、動画で経緯説明と謝罪をしているが、終始笑顔を浮かべながらの動画であったことから「本当に反省しているのか」と批判の声が相次いでいた。こうした事態を受けての「再謝罪」だが、新たな動画に対しても、2人の服装などをめぐって厳しい声があがっている。

「マスクを着用するという最低限のルールも守れず」

須田さんとYURINOさんは、8月29日に愛知県常滑市で開催された「波物語」に観客として参加。ノーマスクでイベントを楽しむ2人の写真がSNSで拡散され、ファンが困惑していた。

問題が表面化してから約1週間後の9月6日、2人は「1週間お休み頂いてました」と題した動画をYouTubeに公開し、フェス参加を謝罪。だが、ピースサインで始まったり、笑いながら経緯の説明をしたりこれまでの過ごし方について語ったりする姿に批判の声が相次いだ。動画は高評価約2400に対し低評価約4万2000(15日現在)となっている。

多くの批判を受けて、今回「この度は、誠に申し訳ございませんでした。」のタイトルで2分半ほどの動画を公開。2人は前回の動画にあったYouTube用の挨拶はせず、動画冒頭で黙って頭を下げた。

顔を上げると、YURINOさんが「日頃から応援してくださっているファンの皆様、以前の活動より支えてくださっている皆様、そして現在の活動をサポートしてくださっている関係者の皆様、この度はご心配とご迷惑をおかけし、心より深くお詫び申し上げます」と謝罪し再び頭を下げた。

続いて須田さんが「私たちは先日愛知県で開催された音楽フェスにプライベートで参加をし、緊急事態宣言期間中の各都道府県の要請を守らず、県を跨ぐ移動をしたこと。さらに、マスクを着用するという最低限のルールも守れず、フェスに参加したこと。誠に申し訳ございませんでした」と語り、頭を下げた。

「その後発信した動画についても、反省の姿勢が全く伝わらない内容となり」

YURINOさんは「皆様が感染拡大の防止を最優先に考え外出や活動を自粛されている中で、自分だけが楽しみたいという欲を優先し、あのような行動をとってしまったこと、とても自分本位の行動だったと深く反省しております。誠に申し訳ございません。私たちは音楽業界にいたにもかかわらず、業界全体のイメージを崩してしまう行動を取り、本当に情けない気持ちでいっぱいです。誠に申し訳ございません」と、フェスへの参加が音楽業界に与える影響についても改めて考えたという。

須田さんは「その後発信した動画についても、反省の姿勢が全く伝わらない内容となり、改めてその表現方法が間違っていました。そして、SNSにおける投稿についても、私たちの置かれた立場に鑑みれば、極めて不適切なものでした。それにより、さらに皆さんを失望させてしまったこと、深くお詫び申し上げます」として、前出の動画に触れた。

6日の動画公開後、2人はSNSを通常通り更新しており、その姿勢にも「やはり反省していないのでは」との声が上がっていたことを受けての説明のようだ。

YURINOさんは今後について、「自分たちの自覚と責任のなさを重く受け止め、今後は新型コロナ対策を徹底するというモラルを守り、発信していく姿勢をご覧いただくことで、皆様からの信頼を取り戻せるよう精進してまいります」と語った。

「正式な謝罪の場でタートルネックで謝る人も初めて見た」

この謝罪動画には「反省する気持ちは伝わった」など一定の理解を示す人がいる一方、違和感を覚えるとする声も多い。高評価約3700に対し、低評価は約9700(15日時点)。コメントで目立つのが、2人の服装に関する厳しい声だ。

須田さんは耳にピアスをつけ、ダブルのジャケット。YURINOさんは黒いタートルネックに肩パッド入りのジャケットを羽織っている。正式な謝罪動画として公開しているにもかかわらず、2人ともかなりカジュアルな装いなのだ。

動画のコメント欄にはTPOを弁えた服装をするべきだという厳しい声が相次いで投稿されている。

「正式な謝罪の場でタートルネックで謝る人も初めて見た」「せめてちゃんとしたスーツ着て、誰かが書いた台本じゃなくて自分たちの言葉で謝ればよかったのに」「服装が...謝罪で ダブルや 肩パットにハイネックだのって あり得ないのですが」「そうゆう格好で謝罪したいのならファッションジャケットは着ないよなww つまり反省どうこうより常識がないってこと。つまり一時的ってこと」

また、前回の謝罪動画とは語彙や表現が全く異なることから、「用意された台本を読んでいるだけなのでは」とする声も多いようだ。

「暗記した感がある。自分達の言葉でちゃんと伝えてほしかったな...」「ピースサインしながら笑顔の動画見た後だと、こちらの動画に説得力はありません」

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加