睡眠の質が上がる!?プロが解説する「裸」で眠るべき5の理由

睡眠の質が上がる!?プロが解説する「裸」で眠るべき5の理由

  • コスモポリタン
  • 更新日:2020/11/25
No image

美肌や新陳代謝の促進にもつながる可能性が!

No image

パートナーとの関係を良好にする

肌と肌が接触することで、結合ホルモンである「オキシトシン」の放出を促すという科学的な裏付けがある。医学博士で『The Sleep Solution: Why Your Sleep Is Broke and How to Fix It』の著者、W.クリストファー・ウィンターは、「神経伝達物質であると考えられているオキシトシンは、 “社会的同調性”を促進します」と説明。

「研究では、カップルがボディタッチや睡眠、またはセックスによって触れ合うとき、様々な方法で同調していることがわかっています」と語りました。

ウィンター博士は、これが多くの若いカップルが常に手をつないでいる理由であり、逆に冷めきった年配の夫婦が一緒に寝たくないと思う理由だと考えている。

No image

深い眠りを促す

体温は睡眠の質に大きく関係している様子。ウィンター博士は「裸で眠ったり、ほとんど何も身につけないで眠ったりすると、体温が下がります。体温は一晩のうちに大きく変動することがありますが、裸で眠ると体温を調節しやすくなります」と説明しました。

前述の通り、室温は60〜67℉(約15.5〜19.5℃)が理想。その理由は、眠る前には自然に体温が下がるため、部屋を涼しくしておくことで夜中に目が覚めることを防ぎ、朝まで快適に眠れるようになるから。

ウィンター博士は、「体温の低下は、エネルギー保存の進化のメカニズムに関係していると思われます。裸で眠るというのは、そのための方法なのです。体温を最適化することで、早く入眠でき、夜中に目覚めることが少なくなり、深く眠る時間が長くなる可能性もあります」とコメント。

No image

新陳代謝を促進する効果あり

裸で眠ることは、夜の間に体を涼しく保ち、体が褐色脂肪の蓄積を促すことにつながる可能性がある。褐色脂肪は白色脂肪とは異なり、エネルギーを燃焼して熱を放出し、体温を維持する働きを担っているそう。

2014年にアメリカ国立衛生研究所(NIH)が行った研究によると、新陳代謝を促進する効果が期待できる模様。研究者たちは華氏66度(約19℃)に設定された部屋で眠っている5人の健康な男性を観察し、1カ月後、被験者の褐色脂肪が42%増加したことを発見。涼しい環境で眠ることは、インスリン感受性を改善し、次のメリットもたらしているかもしれないことが判明しました。

No image

インスリン濃度を調節する可能性がある

研究によると、人間の体は低温にさらされるとインスリンのバランスをとるホルモン、レプチンとアディポネクチンが影響を受けることがわかっている。

「レプチンは食欲を調節し、アディポネクチンは糖代謝と脂肪酸分解に関係しています」とウィンター博士。裸で眠ると体が冷たい空気にさらされるため、インスリンを調節するホルモンが抑えられると言われています。

2014年のアメリカ国立衛生研究所(NIH)の研究では、被験者のグルコース代謝は、室温が低い状態で1カ月間睡眠をとった後に改善されたそう。

「レプチンとアディポネクチンは脂肪細胞で生成されます。これらの化学物質の分泌は睡眠不足によって損なわれるため、睡眠を妨げることがわかっている暑い環境で眠ると、これら2つの伝達物質の分泌と機能が損なわれる可能性があります」とウィンター博士。

No image

肌の透明感を保つ

「Coast Dermatology」の皮膚科専門医、マイケル・カサジアンは、「一般的には裸で眠る方が皮膚呼吸をしやすくなります。締め付けの強い衣類は摩擦や刺激につながり、毛穴の詰まりや発疹が生じる危険性があります」と話す。

さらに、暖かい衣類によって引き起こされる過熱は、細菌・真菌感染症が発生し、増殖するのに最適な温床となってしまいます。カサジアン医師は、「このほかにも、局部のかゆみや毛嚢炎、にきび、イースト菌感染症などを発症する可能性があります」と説明。

No image

ベッドを清潔に保つことが大前提

シーツを洗う頻度に明確なルールはないけれど、アメリカ国立睡眠財団は、週に1度はシーツを交換するよう推奨している。長い間シーツを洗わないまま使用すると、ニキビやアレルギー症状を引き起こしたり、場合によっては真菌感染症にかかったりすることも。

マットレスは10年ごとに、枕は1年半ごとに交換し、アレルギー持ちの人は、イエダニやカビを防ぐために、防塵枕カバーを使うか、週に1回熱湯で枕カバーを洗うのがオススメのよう。

また、アメリカ国立睡眠財団のアドバイスによると、200〜400スレッドカウントのシーツを使うといいそうで、それ以上だと体が温まりすぎて睡眠が妨げられてしまうみたい!

※この翻訳は抄訳です。

Translation:Masayo Fukaya

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加