竹内涼真「君と世界が終わる日に」第6話7・1%

竹内涼真「君と世界が終わる日に」第6話7・1%

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/22
No image

竹内涼真(2021年1月5日撮影)

竹内涼真主演の日本テレビ系連続ドラマ「君と世界が終わる日に」(日曜午後10時30分)の第6話が21日、放送され、平均視聴率(関東地区世帯)が7・1%だったことが22日、ビデオリサーチの調べで分かった。

第1話は8・4%、第2話は8・2%、第3話は8・0%、第4話は8・4%、第5話は7・2%だった。

日テレと配信サービス「Hulu」が共同制作する大型ドラマで、日テレ系で「シーズン1」として10話が放送され、一度完結したのち、3月から「シーズン2」としてHuluオリジナルで全6話が放送される。竹内演じる自動車修理工の主人公・間宮響を中心にとした世界の終末をテーマにしたサバイバルラブストーリー。

第6話で、響たちは、医薬品を求め、海路から駐屯地に乗り込む覚悟を決めた。途中、小島に停泊した彼らは、かつて敵対した刀集団の坪井(小久保寿人)たちに遭遇した。

外部から孤立した駐屯地では、撤退を主張する自衛隊司令官の牛込(神保悟志)と、このまま駐屯地でワクチン開発をすべきだという首藤(滝藤賢一)の間で意見が対立。首藤は自衛隊内部で力を増していた。

そして響が死んだと思い絶望に沈む来美(中条あやみ)は、幼い愛奈(新津ちせ)を助けられなかった責任を感じ、危険なワクチン開発の実験台に名乗り出た。注射を打たれた来美は、響の姿を思い出しながら意識が混濁していった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加