さまざまな機器を5Gネットワークにつなげる「5Gコネクティングデバイス」。京セラより

さまざまな機器を5Gネットワークにつなげる「5Gコネクティングデバイス」。京セラより

  • MdN
  • 更新日:2020/10/16
No image

京セラ株式会社は、10月15日、さまざまな機器を5Gネットワークにつなげる「5Gコネクティングデバイス」を開発。法人向けに10月中旬より数量限定で販売すると発表した。本格販売は2021年春以降が予定されている。

同製品は、有線、無線を問わず、多種多様な機器を5Gネットワークにつなげることができるコネクティングデバイス。USB Type-C™、Wi-Fi®(Wi-Fi6対応)、Bluetooth®などに対応し、さらに変換アダプタを利用することで、HDMIやRS232C、有線LANポートからも接続できるようになっている。

デュアルSIMに対応し、既存の4Gネットワークを利用したNSA(ノンスタンドアローン)方式と、5G単独のネットワークSA(スタンドアローン)方式の双方で利用できるため、公衆網・ローカル網の双方で利用するといったユースケースにも対応可能だ。

また、本体にエッジコンピューティング可能なCPUを搭載することで、デバイス単体でのデータ処理やフィードバックを可能にし、クラウドへの負荷を低減するとともに、リアルタイムで信頼性の高いデータ処理を実現する。

さらに、GPS、GLONASS※1など5つの位置測位システムと、A-GPS※2に対応し、高精度な位置測位が可能。工場や製造現場、医療、セキュリティ、エネルギー・インフラなどのビジネス現場において、企業の課題やニーズに合わせた5Gの早期導入を可能とする製品となっている。

製品に関するお問い合わせは、京セラのホームページから。

※1 GLONASS(グロナス):ロシアの人工衛星を利用した測位システム
※2 人工衛星からの電波とともに携帯電話の通信網を補助的に利用し、位置情報を得るGPS技術

京セラ株式会社
URL:https://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/office/phone/5gcd-prt01/index.html?atpress
2020/10/16

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加