飲み残したワインの劣化を防げる、コルクを抜かずにワインを注ぐアイテム

飲み残したワインの劣化を防げる、コルクを抜かずにワインを注ぐアイテム

  • 小太郎ぶろぐ
  • 更新日:2020/07/06

ワインを開けてもボトル1本飲みきらなければ、残ったワインは酸化してしまう。

そこで、コルクを抜かずに注射器のようなドリルを突き刺し、ワインだけを注げるアイテム、コラヴァン・ワインシステム。

注いだワインの代わりにアルゴンガスを注入するので、中に残されたワインが酸化することもない。

アルゴンガスを圧縮したカートリッジは消耗品になるけれど、いいワインをゆっくりペースで飲みたい場合は便利。【オスス

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加