【バーレーンインターナショナルT速報】地元のシムシールがV!ラストランのディアドラは8番手辺りで入線

  • netkeiba.com
  • 更新日:2020/11/20

20日にバーレーンのサヒール競馬場で行われたバーレーンインターナショナルトロフィー(3歳上・芝2000m)は、3番手以降を離した2番手で進めたL.ニューマン騎手騎乗のシムシール(セ4、巴・F.ナス厩舎)が直線で後続の追撃を抑え、最後はL.デットーリ騎手騎乗のグローバルジャイアント(牡5、英・J.ゴスデン厩舎)とR.ムーア騎手騎乗のソヴリン(牡4、愛・A.オブライエン厩舎)の2番手争いを退けて優勝した。

これがラストランとなる予定のH.ドイル騎手騎乗のディアドラ(牝6、栗東・橋田満厩舎)は、道中後方を追走、直線で脚を伸ばしたものの、8番手辺りで入線した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加