連合石川・福田会長 知事選の推薦候補は自民・非自民を問わない考え示す 新体制初の執行委員会で

連合石川・福田会長 知事選の推薦候補は自民・非自民を問わない考え示す 新体制初の執行委員会で

  • 石川テレビ
  • 更新日:2021/11/25
No image

連合石川は新体制となって初めての会合を開き、来年の石川県知事選で推薦する候補は自民・非自民を問わない考えを示しました。

連合石川は24日、金沢市内で新体制となって初めての執行委員会を開きました。この中で福田佳央会長は来年春の知事選について「対応は未定」としながらも、推薦する候補者は自民・非自民を問わない考えを示しました。

連合石川 福田会長:

「今手を上げている人から決めていくというのも選択肢だし、最終的に誰かに一本化するのも選択肢だし、非自民の中で候補者擁立も選択肢だと思う。まだ具体的な相談はしていない」

知事選を巡っては、自民党の馳浩さんが立候補を表明したほか金沢市の山野市長が意欲を示しています。また、自民党の山田修路参議院議員も関係者と協議を始めています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加