AIが操縦するドローンのアクロバット飛行が美しい

AIが操縦するドローンのアクロバット飛行が美しい

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2020/07/01

スイス・チューリッヒ大学と米国のインテル社が協力して、完全自動操縦でドローンのアクロバット飛行を行えるAIシステムを開発した。

人のドローンパイロットが習得するのに数年かかる高度なアクロバットも、AIなら数時間練習しただけで出来るようになってしまうそう。

搭載されたセンサーの情報を基にAIが操縦

No image

そのAIシステムは、ドローンに搭載されたカメラとセンサーから送られる情報を基に操縦する。アクロバット飛行にはパターンがあり、そのパターン通りに飛行させるには、変化する周囲の状況に常に対応して操縦しなければならない。

それには練習が必要で、人のパイロットなら実際のドローンで何度も繰り返すところだが、チューリッヒ大学の研究者たちは、コンピューターシミュレーションの中に様々な環境を作り出し、AIに練習させたという。

わずか数時間の練習で習得

No image

人がアクロバット飛行の技を習得するには、高度なものになると数年かかるそうだ。ところが、AIなら、高速でシミュレーションを繰り返し、数時間で出来るようになってしまう。

また、人のパイロットは時に雑な操作をしたり、うっかりミスしてしまうことがあるが、AIにはそれがなく、安定したスムーズな飛行が可能になる。(ただ、不測の事態が生じた場合、今のところ人の対応のほうが優れているそうだ)

こうしたAIならではの安定性や正確性のおかげで、接近し合った数十台のドローンが隊列を組んで曲芸飛行をする、ということも出来るらしい。

同大学が発表した論文の最初に、40台近くのドローンが一列になって「パワーループ」や「バレルロール」、「マティフリップ」を披露した写真が掲載されている。

University of Zurich:Deep Drone Acrobatics

yasutani

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加