デロンギの全自動コーヒーがIOT化!フラッグシップモデル「プリマドンナ クラス」誕生!

デロンギの全自動コーヒーがIOT化!フラッグシップモデル「プリマドンナ クラス」誕生!

  • MonoMax Web
  • 更新日:2021/10/14
No image

豆の産地や焙煎加減、豊富なメニューで、いろいろな味が楽しめるのがコーヒーのいいところ!在宅時間が長い緊急事態宣言中に、すっかりコーヒー沼にハマってしまった人も多いのではないでしょうか? もうペーパードリップだけでは満足できない!という方に、10月29日発売のデロンギ 全自動コーヒーマシンのフラッグシップモデル「デロンギ プリマドンナ クラス 全自動コーヒーマシン ECAM55085MS(以下:プリマドンナ クラス)」を紹介します。

日本導入モデル初!

No image

デロンギ プリマドンナ クラス 全自動コーヒーマシン(型式番号:ECAM55085MS)
サイズ外寸:幅260×奥行460×高さ360mm

プリマドンナ クラスは、日本導入モデルとしては初めてのスマートフォン専用アプリ「De’Longhi Coffee Link App」対応のマシン。3.5インチのカラー液晶コントロールパネルを備え、本体からもスマホからも操作が可能です。

視認性にすぐれたコントロールパネルは直感的に操作することができ、誰でも簡単にお店のようなコーヒーを淹れることができます。

No image

プリマドンナ クラスで淹れられるのは、コーヒーメニューは5種、ミルクメニューは8種と、上記の通り。

豆の多さ、コーヒーとミルクのバランスなど自分好みの味にコーヒーをカスタマイズしたり、本格ラテアートに挑戦することも可能です。

No image

ミルクメニューで使用するミルクが余ったら、ミルクコンテナを取り外してそのまま冷蔵庫へ。コンテナに投入するミルクは、アーモンドミルクや豆乳、オーツミルクにしてもOK!メニューのバリエーションがさらに広がります。

No image

ミルクコンテナを外して、給湯ノズルを付ければスチームミルクをつくることも可能。自宅にいながら本格的なカプチーノやカフェラテ等を楽しめます。
また、給湯の温度は75、80、85、90℃と4段階で変えることができ、茶葉に合わせての温度設定が可能です。

アフターフォローもばっちり!

なんだか本格的すぎて、マシンの扱いに不安を感じてしまいそうですが、心配はご無用。プリマドンナ クラスには、ご購入者向け専用サービス「Better Support」が付帯されており、専用ダイヤルでのオペレーターによる電話対応サポート、5年間の無償修理サービス、即日修理サポートの提供を受けることができます。

No image

気になるお手入れですが、トレイ、カップ受け、カス入れ、抽出ユニット等を取り外し、水洗いすることができるので意外と簡単です。
電源を入れるたびに、毎回自動で内部洗浄をしてくれるので、いつでも安心してマシンを使用することができます。

No image

こちらは付属のウォーターフィルター。水タンク内にこちらのフィルターを入れることで、水に含まれる石灰分を減らし、マシンの内部管の詰まりを防いでくれます。交換時期は、コントロールパネルに表示されるので、一目瞭然です。

また、デロンギでは公認バリスタによるコーヒー講座なども開催しています。コーヒーマシンオーナーになると、より深くコーヒーの知識を学ぶことができ、趣味の世界が一段と広がりそう。まだまだ深いコーヒー沼をじっくり堪能できそうな1台です。

デロンギ・ジャパンhttps://barista.delonghi.co.jp

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加