オリックス・太田 1番起用も2三振と犠打失敗で六回守備から交代 後半戦2度目の先発も

オリックス・太田 1番起用も2三振と犠打失敗で六回守備から交代 後半戦2度目の先発も

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/08/05
No image

オリックス・太田

「オリックス-日本ハム」(5日、京セラドーム大阪)

オリックスの太田椋内野手は1番起用も結果を残せず、六回の守備からベンチに退いた。

7月24日のソフトバンク戦(京セラ)以来、後半戦は2度目の先発出場。しかし、初回は3球三振。三回無死一塁では犠打失敗。五回1死では、空振り三振と振るわなかった。

中嶋監督は交代を決断。六回からは、山足が二塁の守備に就いた。太田は試合前の時点で、22試合に出場。打率・164だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加