湿気に負けない!簡単大人ヘアアレンジ【長めボブ向けシニヨン】

湿気に負けない!簡単大人ヘアアレンジ【長めボブ向けシニヨン】

  • CLASSY.
  • 更新日:2022/09/24

まだ日中は暑さの続くこの時期、ひどい湿気に悩まされている人も多いはず。湿気で髪が広がったり、汗でアレンジが崩れたり、決まらないヘアスタイルは毎日のモチベーションにも関わってくるものです。そこで、人気ヘアメークMAKIさんに、気候に左右されないいつだって可愛くいられるヘアアレンジを教えてもらいました。
第3回目は長めボブ向けのシニヨンアレンジ。カジュアル見えしすぎて意外と難しいシニョンは、トレンドのピンを効かせてオシャレに見せます。

No image

大人のラフなシニヨンをカジュアルなヘアアクセで仕上げて

No image

シニヨンはあえて高めの位置でカジュアルに。落ちてくる髪はトレンドのヘアピンづかいでランダムに留めます。ファッションにヘルシーな雰囲気をプラスしたい時にぴったりのアレンジです。

No image

SIDE STYLE
あご先と耳上を結んだ延長線上よりさらに高めの位置でシニヨンを作ります。手ぐしでざっくり集めて、ラフにまとめるのがポイントです。

No image

BACK STYLE
落ちてくる髪は、ヘアピンでランダムに留めて。あえて種類も大きさも違うヘアピンを数カ所使うとトレンド感がUPします。

高めの位置で結ぶのがこなれて見えるポイント

No image

STEP1
前髪も一緒に髪をつむじの位置に集め、シニヨンを作ります。ブラシを使わず、手ぐしでざっくり集めるほうがラフなオシャレ感が出ます。

No image

STEP2
太めのゴムでひと巻きしたら、余っている毛先を右側へもっていき、さらにヘアゴムを何回転か根本に巻き付けシニヨンを固定します。このプロセスを踏むことでラフなシニヨンに。

No image

STEP3
毛先は巻き込まないほうがカジュアルな印象の仕上がりになります。

No image

STEP4
ワックスを少量指先に伸ばし、前髪をバランスを見ながら下ろして束感を出します。もみあげも同様に。

No image

STEP5
パラパラと落ちてくる髪は大きめのヘアピンで留めます。つける位置は規則的にせず、ランダムな方向に3つくらいつけるのがおすすめです。

No image

髪だけでなく体にも使える天然由来バター、植物由来オイルを配合したバーム。ベタつかず潤います。ウヌヌ コンテンポラリー〈ヘア&ボームバーム〉※ヘアメーク私物

No image

BEFORE
肩レングス、前髪ありの長めボブ。毛先は重めですが全体的にレイヤーあり。しっかりとした直毛でニュアンスが出しにくく、湿気でカールがすぐに取れてしまうことが悩み。

【メークポイント】インディゴカラーのマスカラで目元涼やか

No image

目を囲むまつ毛を寒色のインディゴカラーにすると、一見黒に見えて目力はそのまま、ブルーの効果で白目がクリアに見え透明感がUP。使用したマスカラは「hinceニュアンビエンスカラーマスカラ 03 アンディファインド」。

教えてくれたのは ヘアメーク MAKIさん

No image

メークはもちろんのこと、ニュアンスのあるこなれたヘアアレンジにも定評のある人気ヘアメーク。モデルやタレントからの指名も多く、ファッション誌だけでなくテレビや広告などでも活躍中。

撮影/イマキイレカオリ ヘアメーク/MAKI モデル/川森麻海(CLASSY. LEADERS) 取材/味澤彩子 構成/永吉徳子(CLASSY. ONLINE編集室)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加