あさイチ出演の小栗旬「日曜はサッカーを応援しながら、大河も」

あさイチ出演の小栗旬「日曜はサッカーを応援しながら、大河も」

  • Lmaga.jp
  • 更新日:2022/11/26

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK)で主役の北条義時を演じる小栗旬が11月25日、同局の情報番組『あさイチ』に出演。撮影裏話を語るとともに、義時の歴代の妻を演じた3人の俳優のコメントも寄せられた。

No image

11月25日放送の『あさイチ』(NHK)に出演した小栗旬(写真は2020年撮影・大阪市内)

番組では、まだホームドラマ色が強かった第1回の頃の義時から、和田義盛殺害で冷酷な一言を言い放つ第41回までの義時をダイジェストで振りかえり。そこで改めて、義時の雰囲気の激変ぶりを確認し、MCの博多華丸は思わず「『クローズZERO』になっていますよ」と、小栗が主演したバイオレンス映画の名前を出して、スタジオが爆笑する場面も。

それを受け、小栗は「すごくいい子だったんですけどねえ・・・」と、この当時の義時を客観的に回顧。その役作りとして、「三谷さんからは、だんだんダークというか、シビアな選択をしていかなければいけなくなるとは聞いていましたけど、40話ぐらいから『まさかこんなに悪い奴になるとは思わなかった』と。心のなかでは『早く(青年期に入り浸っていた)米蔵に帰りたい』と思っていました(笑)」と、撮影中の胸の内を明かした。

さらに、「僕としては(義時が)悪くなっているとは思わないんですけど、彼のなかでは通さなければいけない筋がある。『鎌倉を思うと・・・』みたいなことが、なかなか人には理解してもらえないところがある」と分析したうえで、初代鎌倉殿の源頼朝と比較し、「頼朝さんはチャーミングだったけど、義時はチャーミングさがあまりないんですよ。その表現の仕方も下手くそな人なので」と、現在頼朝以上に暗黒化して見える理由を語った。

■ 義時3人の妻から小栗へメッセージも

またVTRでは、1人目の妻・八重役の新垣結衣、2人目の妻・比奈役の堀田真由、現在の妻・のえ役の菊地凛子のコメントも紹介(新垣は鈴木菜穂子アナ代読)。第21回で水難事故により退場した新垣は、「毎回『いやー! どうして? つらい』と、心の中で叫びながら見ています」と、一視聴者として楽しんでいることを明かした。

No image

第23回より。比奈役の堀田真由が印象深いと語ったシーン (C)NHK

堀田は印象に残る共演シーンとして、第23回にて2人で山道を歩いているときに、イノシシに出くわすコミカルなシーンをチョイス。「自分の台詞の間によっておもしろさが変わってくるので悩んでいたけど、『このタイミングで言った方がいいと思う』など、いろんな提案をしてくださいました」と振りかえる。

そして菊地は、衣装合わせのときに小栗から甲冑姿で挨拶されたことに、「ちょっとキュン! ってしました(笑)」というかわいらしいエピソードを披露。さらに小栗の演技に「1つの言葉では言い表せない表情をされるので、そのなんとも言えない感情を受け取って、それをまた出していくみたいなことをやれたのは、すごく特別な時間だったと思います」と、共演が役者冥利であったことを語った。

また今後ののえに関して、菊地は「あるシーンで小栗さんから『凛子ちゃん、みんなに嫌われるぞ』と言われました」と、気になる言葉を。それを受けて小栗も「実はここから、まだ意外と盛りだくさん。今度の日曜は(W杯で)サッカーも応援しながら、大河も応援していただけたらと思います」と視聴者に呼びかけた(ちなみに最終回は『M−1グランプリ』と丸かぶり・・・)。

『鎌倉殿の13人』の放送はNHK総合で毎週日曜夜8時から、BSプレミアム・BS4Kでは夜6時からスタート。衝撃の展開が予想される第45回『八幡宮の階段』は、11月27日に放送される。

文/吉永美和子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加