ザポリージャ原発に砲撃...ウクライナとロシア双方「相手が攻撃」

ザポリージャ原発に砲撃...ウクライナとロシア双方「相手が攻撃」

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/08/06
No image

動画を見る(元記事へ)

ウクライナの原子力企業は、ロシア軍によって占拠されている南部のザポリージャ原発に対して砲撃があり、施設の一部が損傷したと明らかにしました。

ウクライナ国営の原子力企業「エネルゴアトム」は5日、「ロシア軍がザポリージャ原発に対して3回の砲撃を行った」と発表しました。

この砲撃により、施設内の送電線が損傷したものの、原発の稼働は続いていて放射線量の上昇は確認されていないということです。

ゼレンスキー大統領は5日、ロシア軍の砲撃は「ヨーロッパ全体を非常に危険な状態にした」と述べたうえで、「ロシアに核技術を安全に運営する能力はない」と非難しました。

一方、ロイター通信によりますと、ロシア国防省はザポリージャ原発への砲撃はウクライナ軍が行ったものだと主張しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加